jittodesign blog

デザインやグラフィックソフト、カメラなどに関するブログです。

赤いオーディオインターフェース Focusrite Scarlett Solo 3rd Gen

約2分

安いのに評価の高いFocusrite Scarlett Solo 3rd Genがやってきました。イギリスの老舗メーカーFocusriteのUSBオーディオインターフェイス「Scarlett」シリーズの第3世代「Scarlett Gen3」の中でもエントリーモデルSoloです。

パッケージから小ぶりな外装
小さくて真っ赤

外観の特徴はとにかく真っ赤なのと、約320gと超軽量なこと。

YAMAHA AG03やRoland Rubix24と比べても一回り小ぶりです

入力は48Vファンタム電源付きでコンデンサーマイクが使用可なマイク入力と、楽器入力の2系統。出力は前面のモニターヘッドホン端子と背面のL/Rの出力端子と非常にシンプルな構成です。

Solo 3rd Genの前面
Solo 3rd Genの背面。PCとの接続がUSB-Cになっています。

特徴は前面にあるAIRボタンで、Focusrite ISA マイクプリアンプを再現できるそうです。実際にオンにしてみると高音の立体感が増すように思います。AG03やRubix24とも比べてみましたが、Focusrite Scarlett Solo 3rd Genのノイズのないクリアな音に感動します。基本性能が高いのに13,000円を切る値段なんですね。

Macでループバックが必要な場合はAG03を使うことになりますが、そうでなければFocusrite Scarlett Solo 3rd Genを使っていくことになりそうです。こんなに音がいいならScarlett 4i4にしておけば良かったかもです。

created by Rinker
FOCUSRITE
¥14,300 (2021/10/19 15:51:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
FOCUSRITE
¥28,700 (2021/10/18 18:56:48時点 Amazon調べ-詳細)
Pocket
LINEで送る

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE