Mac

永続版Office 2019 for Macがリリースされたので、早速MacBook Proにインストール

永続版Office 2019 for Macがリリースされたので、早速MacBook Proにインストール

Office 2019 for Mac

今使ってるのが、Office 2011 for Macです。途中でOffice 365のOffice 2016 for Macを使ってた時もありましたが素材としてWordやExcelデータを開くぐらいなので結局Office 2011に戻ってました。しかしOffice 2011 for Macは32bit版のみなのでMacBook Pro 2018にインストールしているアプリの中で唯一の32bitアプリになってしまっています。現在のmac OSはMojaveですが、このMojaveが32bitアプリをサポートする最後のOSとなります。mac OS10.15ではOffice 2011 for Macは使えなくなる可能性が高いでしょう。かと言って、Office 365のサブスクリプションを使うのも嫌なので、1月22日にリリースされた永続版のOffice 2019 for Macを購入しました。

購入したのは、学生・教職員向けのOffice Academic 2019 for Mac(2019年1月22日現在 ビックカメラ税別価格16,800円10ポイント)で、Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019が使えるようになります。学生・教職員向けなので、購入の際は証明書が必要になります。Mac版はOffice Academic 2019 for Macの他にOffice Home & Student 2019 for Mac(2019年1月22日現在 ビックカメラ税別価格23,800円10ポイント)が発売されました。こちらはOutlook以外のWord、Excel、PowerPointが使えます。

インストール

インストールはhttps://office.com/setupにアクセスして、ダウンロードします。購入したPOSAカード裏面のプロダクトキーを入力するので「ここをコインで削ってください」箇所を削った中に印字されているプロダクトキーを使用します。

https://office.com/setupにアクセスします
プロダクトキーを入力します
「次へ」をクリック
ライセンスが登録されるので「インストール」をクリックします
「インストールする」をクリックします
インストーラーがダウンロードされるので、開きます
インストーラーが起動するので「続ける」をクリック
使用許諾の同意して「続ける」をクリック
インストール先を指定して、「続ける」をクリック
インストールするアプリを指定する場合は、「カスタマイズ」を選びます
私はOneNote/Outlook/OneDriveは使わないのでチェックを外しました
インストールが完了しました
Office 2011と違いアプリがアプリケーションフォルダの第一階層にインストールされます

Word /Excel/PowerPointの新機能

  • 翻訳機能
  • SVGアイコンの挿入
  • 3Dモデルの挿入
  • 描画機能
  • アクセシビリティチェック
  • 不要なセルの選択解除(Excel)
  • 変形(PowerPoint)
  • アイコン(PowerPoint)
  • オンラインビデオの挿入(PowerPoint)

まぁ、私には関係のない新機能ばかりですが、とりあえず64bitで次期macOSでも動くバージョンをインストールできました。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top