ガジェット

サビ加工に最適「さびてんねん」を使ってみました

サビ加工に最適「さびてんねん」を使ってみました

久しぶりにラジコンを作ったのですが、どうせならリアル感を出したいと思いサビ加工をしてみました。使ったのはこちらの「さびてんねん」という商品で、塗るだけで本当の赤錆を発生させます。A/Bの2つの溶剤が入っていて、A液は鉄、B液は酸化剤が入っているようです。鉄が入っている溶剤をしっかりと混ぜるのが手間なのと、錆の進行を予想して塗るのがポイントかと思います。調子に乗って沢山塗ってしまうと、1週間後にはサビサビになってしまいます。

created by Rinker
ウェーブ(Wave)
¥1,500 (2020/04/01 01:36:03時点 Amazon調べ-詳細)

すばらしいネーミング。てっきり大阪の会社かと思いましたが、吉祥寺にあるウェーブさんの商品です。

A液(主液)は混ぜるのに時間がかかりますが、あえて塊で使うのも手だと思います。

アクリル板にA液を塗ってみました。

B液(発色液)は簡単に混ざります。

A液が乾いたら、B液を上塗りします。

1日経過した状態です。だいぶ錆びてきています。

作ったラジコンはタミヤのCR-01シリーズのランドクルーザー40です。このCR-01シリーズ自体は20年ほど前にリリースされているのですが、ラダーフレームが特徴でカスタマイズ性が高いのが特徴です。スケール感を出したかったので、ホイール&タイヤのインチダウン、ショック交換&ステージ作、ダンパー自作などを施しました。

ほぼノーマルの状態に、サビ加工を少しだけ施した状態です。

最終的にはサビサビにしてしまいました。もう少し手前で止めといたほうが良かったかも。

created by Rinker
ウェーブ(Wave)
¥1,500 (2020/04/01 01:36:03時点 Amazon調べ-詳細)
Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top