jittodesign blog

デザインやグラフィックソフト、カメラなどに関するブログです。

ダイナミックマイクSHURE SM7Bのプリアンプに「DM1 DYNAMITE」を導入

約3分

SHUREのSM7Bはダイナミックマイクなので、コンデンサーマイクと比較して感度が低いためゲインをかなり上げないといけません。SHUREのサイトでも60dB以上のゲインが必要と記載されています。

SM7BをそのままYAMAHA AG03に繋いで試したところ、やはり音量がかなり低くなります。GAINを最大かつフェーダーも最大にして、口元で喋って何とか使えるレベル。

先々にはそれなりのマイクプリアンプの購入も考えますが、とりあえずアクティブインラインプリアンプ sE ElectronicsDM1 DYNAMITEを使ってみることにしました。ダイナミックマイクはファンタム電源は不要で、間違えて供給してしまうと最悪壊れることもあるそうですが、DM1 DYNAMITEはファンタム電源が必要になります。ゼンハイザーのMKE600はファンタム電源が必要で、差し替えてる際にSM7Bだけだとファンタム電源を間違えて送ってしまいそうで不安だったんですが、DM1 DYNAMITEを付けることでファンタム電源を常に送ればいいのでトラブル回避にも一役買いそうです。

名前通りのパッケージ
直接SM7Bに繋いでXLRケーブルを接続します
上部に飛び出るのでエクステンションバーを噛ませました
created by Rinker
SHURE
¥2,992 (2021/12/06 18:45:06時点 Amazon調べ-詳細)

するとフェーダーを最大の場合はGAINは5くらい、フェーダーを標準位置にするとGAINを7くらい十分使える音量になりました。DM1 DYNAMITEを使うことで+28dBを持ち上げることができるそうです。ボーカル録音を想定するとSHUREの記載のように+60dBのマイクプリアンプが必要になるようですが、とりあえずはDM1 DYNAMITEのみで使ってみて必要があればプリアンプの購入も考えることにします。

created by Rinker
DBX
¥23,100 (2021/12/06 18:45:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
GoldenAgeProject
¥50,000 (2021/12/06 18:56:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
FOCUSRITE
¥56,650 (2021/12/06 19:08:11時点 Amazon調べ-詳細)

マイクプリアンプ、沼の入り口に立っているようで出来れば入りたくない。ただのオンライン授業やオンラインミーティング、動画教材制作用途ですから。でも、楽しそう。

Pocket
LINEで送る

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE