最近の記事

パウル・クレー「造形思考」が筑摩書房から文庫判で復刻

パウル・クレー「造形思考」が筑摩書房から文庫判で復刻

パウル・クレーがバウハウスで教鞭を執っていた時の論文や講義草稿などがまとめられている「造形思考」。神保町の古書店に足を運んだが、20,000円オーバーの価格に買えずに帰り、ヤフオクに出物がないかいつもチェックしてました。 昨日、Amazon...

通電性インクを使った単独で光るポップアップカード

通電性インクを使った単独で光るポップアップカード

前回、トリックマーカーで描いたイラストをブラックライトで光らせてみましたが、贈った相手がブラックライトを持ってないだろうというツッコミが拭えずに、どうにかカード単体で光らせられないかと試作してみました。 AgIC 通電性インクマーカー もう...

トリックマーカーを使ってブラックライトで光るポップアップカードを作りました

トリックマーカーを使ってブラックライトで光るポップアップカードを作りました

蛍光インキをブラックライトで光らせる 小瓶に蛍光インキを塗ったのですが、蛍光インキも位だけの場所ではそれ程光るわけではなかったので、ブラックライトを購入しました。 ブラックライトを使えば、LEDライトのように光ります。 トリックマーカー ト...

iMovieでスライドショーを作る

iMovieでスライドショーを作る

スライドショーを作る 専門学校の授業で、指定された曲に合わせたスライドショーを作成する課題が出されているので、「iMovie」でのスライドショーの作り方を載せます。 iMovieの起動 アプリケーションフォルダからiMovieを起動します。...

モルタルで鉢を作りました。「道路を突き抜けて生えてくる雑草」

モルタルで鉢を作りました。「道路を突き抜けて生えてくる雑草」

モルタルで作る鉢 モルタルを使って植木鉢を作ってみました。型枠代わりに使うのは家にあった牛乳パックやプラスチック製のコップや容器。モルタルだけAmazonから購入しました。 小さいバットしか無かったので500gずつ計量器で計ります。 仕上が...

【Podea】革の切断加工

【Podea】革の切断加工

3Wに出力アップしたPodea-01ですが、本革の切断ができるのか加工してみました。革は厚さ約1.5mmのものを用意しました。 Illustratorで彫刻部分と切断部分のデータを準備します。 Podea-01に革をセットして、まずは彫刻加...

【Podea】Podea-01のレーザー出力を3Wにパワーアップ

【Podea】Podea-01のレーザー出力を3Wにパワーアップ

Podea-01が届いてから約1ヶ月経ちましたが、Podeaさんからレーザー出力を3Wに上げたオプションが販売されたので、Podea-01(Type-F)を送り3Wモデルに変更してもらいました。従来モデルも使いこなせておらず、軽く検証してた...

【Podea】カッティングシートを使ったガラスエッチング

【Podea】カッティングシートを使ったガラスエッチング

今回は少し趣向を変えて「ガラスエッチング」をしてみました。 まずはエッチングのマスクをPodea-01でカッティングシートを切断します。今回はクラゲの図案を使いました。 塩ビ系のカッティングシートがレーザーで有毒ガスが出るので、オレフィン系...

【Podea】レーザーカッターPodea-01の切断精度を切り絵でチェックしました

【Podea】レーザーカッターPodea-01の切断精度を切り絵でチェックしました

PodeaのX軸の水平を調整したので、加工精度も本来の性能が出るようになった。そこで、細かい切り絵のような切断加工をやってみました。切り抜きの幅は約0.5mmほどになってます。 切り抜いた紙はこんな状態です。 視力が悪いので手作業では出来な...

【Podea】レーザーカッターで簡単に作るポップアップカード

【Podea】レーザーカッターで簡単に作るポップアップカード

今回はPodea-01を使ってポップアップカードを作りました。カッターだけでも作れる図案ですが、レーザーカッターを使えばあっという間にきれいに出来上がります。 まずは、Illustratorで切断加工ようのパスを作ります。 Podea-01...

Return Top