ガジェット

多層の液体で作るガラス照明

多層の液体で作るガラス照明

SONNENGLAS

南アフリカで作られている環境に優しいソーラーライトです。仕組みはとてもシンプルで、同じような物は百均のソーラーライトを改造しても作ることができます。

外観としては、よくあるガラス瓶です。

蓋にはソーラーパネルが付いてます。

蓋の裏にはLED電球やバッテリーが仕込まれてます。ソーラーパネルからの給電以外にもマイクロUSBによる充電が可能です。

明るさはそれほど強くないです。

比重の違う液体を入れて層にする

比重の違う液体をグラスなどの容器にゆっくりと注ぐと、液体は混ざり合わずに層になります。蜂蜜や食器用洗剤、水、サラダ油、アルコールも比重が違うので、下から蜂蜜→食器用洗剤→水→サラダ油→アルコールの順番に層になります。混ぜると危険な液体もありますし、可燃性の液体を使うのも怖いので今回は身近な中性洗剤を使ってみました。いくつかの中性洗剤を購入して比重を実験してみて、今回は比重の重い順に「除菌ジョイ コンパクト」「除菌ジョイ コンパクト フレッシュライチの香り」「チャーミーVクイック」の3種類。カラーは順番にブルー、パープル、透明になります。

注ぐ時の注意点は、勢いよく注いでしまうと混ざってしまうのでグラスをつたわるようにゆっくりと注ぐことぐらいです。

出来上がったのがこちら。LEDライトが不要なら、そこらのグラスに注いで飾ってもいいですね。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top