デザイン

ステンレスにスタンピングリーフで箔押し

ステンレスにスタンピングリーフで箔押し

ステンレスへのスタンピングリーフ箔押し

以前にスタンピングリーフを用紙へ箔押しする記事を書きました。レーダープリンターに黒で出力し、アイロンでトナーを溶かすことで接着剤として利用し、スタンピングリーフを転写する方法です。

作品作りに箔押しを使う http://jittodesign.org/post-3022-3022/

02

今回は、スタンピングリーフをiPodの背面ステンレスに転写させたいと思います。以前と違うのは材料がステンレスのためレーザープリンターで直接プリントすることはできません。そこで一旦用紙にプリントし、それをステンレスに転写した上でスタンピングリーフを熱圧着したいと思います。

  1. 図案をレーザープリンターで用紙に出力する(コピーでも可)
  2. ステンレスに用紙を留め、アイロンにてトナーを転写する
  3. 水で冷まし、用紙を剥離する
  4. スタンピングリーフをステンレスにホットプレスで転写する

キレイになった第2世代iPodの背面ステンレス

前の記事で紹介しましたが、復活しキレイになった第2世代iPodです。

iPodの背面ステンレスをひたすら磨く http://jittodesign.org/post-9103-9103/

ガラスへのエッチング処理は以前やってことがあり、iPodの背面ステンレスにエッチングをしようとも思ったんですが、それはまたの機会として今回は「スタンピングリーフ」を使った箔押しにチャレンジしてみたいと思います。

Illustratorで絵柄を作成

箔押しの絵柄をIllustratorで作成します。逆像になるので完成したらリフレクトツールで反転します。今回は「形」「色」「質」の文字を白川フォントで出力しました。

レーザープリンターで、薄口の用紙にプリントします。

iPodの裏蓋を外す

以前もバッテリー交換でバラしたので、カードを差し込んで外します。

iPodへのプリントの転写

プリントした用紙をiPodの裏蓋に合わせます。ズレないようにテープで固定しました。

上からアイロンを押し付けます。温度は「中」で最初は1分ほど押し付けたままにして、その後1分ほど動かしながら押し付けます。

水で冷まして、用紙を剥がす

終わったら、すぐに水を入れたバケツに沈めます。

用紙がふやけてくるので、裏蓋から剥がしてみます。

用紙がiPod側に残ってしあいました。しばらくブラッシングして用紙をある程度溶かします。

スタンピングリーフを貼る

スタンピングリーフは、東急ハンズやネット通販で購入することができる箔シートです。

01

位置を合わせて、固定する

今回はカラー箔を使ってみました。箔シートを合わせたらズレないようにマスキングテープで固定します。

クッキングペーパーで養生する

アイロンにくっついてズレてしまわないように、クッキングペーパーを被せます。

アイロンをかける

アイロン(温度:中)を当てがい、30秒ほどそのままにします。少し動かしながらアイロンを押し付けます。

水で冷ます

マスキングテープを外し、水を入れたバケツに入れて冷めさせます。

 

完成

冷めたらスタンピングリーフをゆっくりと剥がしてみます。

もう少し、綺麗に乗せれると思ったのですが、用紙がiPod側に残ってしまったことと、箔押しでのアイロンがきちんと掛かっていなかったので、箔がきちんと乗りませんでした。次回、用紙を変えてリベンジしてみたいと思います。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top