jittodesign blog

デザインやグラフィックソフト、カメラなどに関するブログです。

HHKB用にコイルケーブルをオーダーしてみた

約3分

カッコいいUSBケーブルを買おうとすると海外通販に頼らざるをえない。ましてやカスタマイズを頼む場合はなおのこと。部品だけなら国内でも何とか手に入るので自作できなくもないけど、大量に作らないと結果的に割高になってしまう。新調したHHKB Professional Classic用にカッコいいUSBケーブルが欲しくなりました。以前には自分でコイルケーブル化したこともあるのですが、どうせなら今回はAviatorコネクタ付きのケーブルにしたい。

あらためてネットで探していると国内でもカスタムUSBケーブルを頼めるところを見つけることができました。

そこで今回はnokke/cablesさんにUSBケーブルのオーダーをしました。

オーダー リバースコイルケーブル(デバイスエンドコイル)」で基本料金は3,900円でした。海外通販だと余裕で2〜3倍の金額になるのではないでしょうか。各パーツの選択肢も多くて、オリジナルのケーブルが国内で手頃な値段で作れてるんですね。

  • USB TypeはmicroBとTypeCから選択
  • パラコードのカラーを選択
  • ケーブルスリーブを選択
  • 熱収縮チューブのカラーを選択
  • デニール(たぶんケーブルスリーブの網目の細かさかと)
  • プラグ位置を上段構えか下段構えか選択

今回は、USB TypeCでパラコードはターコイズ、ケーブルスリーブをホワイト、熱収縮チューブをブラック、デニールはミドル、プラグ位置は下段構えにしました。

また、通常はコイル部分の長さが約15cmだそうですが、今回は450円追加で20cmにオーダーしました。
1月15日に注文して1月23日に自宅に到着したので、1週間ほどという迅速対応。海外通販だとこうはいきません。

オーダーしたコイルケーブル

コイルケーブルとは別にストレートケーブルも頼みました。

こちらはパラコードはシャインイエローにしてそれ以外はコイルケーブルと同じにしました。

一緒にお願いしたストレートケーブル

アビエイターコネクターがアクセントとしてカッコいいです。外すことは無さそうだけど。

アビエイターコネクターで取り外しが可能

PC側はUSB Type-Aで固定のようですが、今度PC側もTypeCにできないか問い合わせしてみようと思います。

カラーは豊富なので何本かまとめてオーダーしても楽しそうです。HHKB Professional Classicに組み合わせるとこんな感じです。喜びのあまり写真多めです。

コイルケーブルは自宅iMac用で、ストレートケーブルはMacBook Air用に使おうと思います。

オーダーでなければ、Amazonや楽天でもアビエイターコネクター付きのコイルケーブルを見つけることができます。

Pocket
LINEで送る

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE