jittodesign blog

デザインやグラフィックソフト、カメラなどに関するブログです。

iPhoneやiPadをWebカメラとして使用するならカメラアプリは「FiLMiC Pro」で決定!

約3分

プロ仕様のカメラアプリ FiLMic Proがアップデートで「Clean HDMI Out」の設定によりカメラ入力の映像をそのままHDMI出力できるようになりました。

今回はiPad Proを使っています。アップル USB-C Digital AV MultiportアダプタでiPad ProをHDMIケーブルでATEM Miniに接続してそこからUSB-CケーブルでMacに接続しています。iPhoneの場合は、Apple Lightning – Digital AVアダプタで接続します。

USB-C Digital AV Multiportアダプタ

iPadの場合、通常のカメラアプリでは4:3のアスペクト比で出力されてしまうので左右に黒い余白ができてしまいます。またボタン類も表示されたままになってしまいます。

アップル純正のカメラアプリを使用

さまざまなマニュアル設定が可能なカメラアプリ FiLMiC Proも従来まではアイコン等が表示されたままで出力されてたのですが、今回のアップデート(v6.12.0)でカメラ映像だけのHDMI出力の設定ができるようになりました。

アップデート前のHDMI出力
アップデート後のHDMI出力

アップデート後、設定のハードウェアにClean HDMI Outが追加され、有効にすることでアイコンなどを非表示にしてHDMI出力ができるようになります。

今回はATEM Miniを使っていますが、Elgato Cam Link 4KなどのキャプチャーボードでもiPhoneやiPadをWebカメラとして使うことができます。画質的にはフルサイズデジカメには及びませんが、AF速度などはiPhoneやiPadの方が応答が良い場合があると思います。

created by Rinker
ブラックマジックデザイン
¥38,770 (2020/12/01 23:37:52時点 Amazon調べ-詳細)

FiLMic Proアプリを使うことで、ホワイトバランスやシャッタースピード、ISO感度などが瞬時にマニュアル設定でき、ヒストグラム表示などで露出確認もできます。有料アプリですが、動画撮影を良くする方であればとてもオススメできるカメラアプリです。

ZOOMやTeams、OBSでもきちんとWebカメラとして使用することができました。オンラインのためにだけにデジタルカメラを買うのはもったいないですし、Webカメラよりも現行のiPhone/iPadのカメラの方がキレイに映ると思います。

ZOOM
Teams
OBS
Pocket
LINEで送る

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE