Mac

USキーボードを快適に使うための設定とアプリ

USキーボードを快適に使うための設定とアプリ

今回のMacBook Proは久しぶりにUSキーボードにしました。はるか昔にUSキーボードを使っていた時期もあったのですが、すっかりJISキーボードに慣れ親しんでしまったので少し心配。

なぜUSキーボードにしたのかというと、ただの気まぐれ…。
一般的には、USキーボードの優れた点として挙げられるのが

  • タイピングしやすいキー配置
  • 見た目がシンプル
  • delete、shift、スペースキーが大きくて打ちやすい

デメリットとしてはキー配列になれないといけないことと、特に「かな」「英数」キーが無いことでしょうか。キー配列は使っているうちに慣れてくると思います。

  • controlキーの位置にcaps lockキーがある
  • controlキーがoptionキーの左側にある
  • fnキーが左端にある
  • 「かな」「英数」キーが無い
  • 一部の記号の場所が違う
  • returnキーの形状が違う
上がJISキーボードで、下がUSキーボード

caps lockキーを「かな」「英字」切り替えに使う

mac OS標準の日本語入力システムを使う場合には、caps lockキーを「かな」「英字」の切り替えに使うことができます。

入力メニューから「“日本語”環境設定を開く」を選びます。環境設定のキーボード>入力ソースの画面が開くので、「Caps Lockの操作」の項目をオフの時「英字」を入力を選択します。これだけでCaps Lockキーがオンでひらがな入力、オフで英字入力になります。

しかしGoogle日本語入力を使っている場合は、上記の設定では切り替えることができません。

「Karabiner」を使う

USキーボードを日本語環境で使う方々には有名なアプリだそうです。

karabinerのダウンロード

ダウンロードが終わったらインストーラーを起動して、支持に従ってインストールします。

「続ける」をクリックして進みます
「インストール」をクリックします

アプリケーションフォルダの「Karabiner-Elements」を起動します。

アプリケーションフォルダにインストールされたKarabiner-Elementsを起動します

Karabiner-Elements Preferenceが開くので「Complex Modifications」タブを選び、左下の「Add rule」を選択します。

「Complex Modifications」タブの「Add rule」を選択

上部の「Import more rules from the Internet (open a web browser)」をクリックします。

「Import more rules from the Internet (open a web browser)」を選びます

ブラウザが起動して、karabinerのサーバーにアクセスされます。

下の方にスクロールすると、「For Japanese(日本語環境向けの設定)」があるので、「Import」をクリックします。

Karabinerで「Import」をクリックします。

「コマンドキーを単体で押したときに、英数・かなキーを送信する。(左コマンドキーは英数、右コマンドキーはかな)」のEnableを選びます。

Rulesに追加されるので、設定完了です。これで左コマンドキーで英数、右コマンドキーでかな入力に変わるようになります。

Caps LockキーをControlキーとして使う

USキーではCaps LockキーがJISキーボードのControlキーの位置にあります。Caps Lockキーはほとんど使わないのと、慣れるまではControlキーと間違えてCaps Lockキーを押してしまいます。それならいっその事Caps LockキーをControlキーとして機能させてしまえば良いと思いました。

システム環境設定からキーボードを選びます。

ウィンドウが表示されるので、キーボードを選択を「Karabiner VirtualHIDKeyboad」、Caps Lockキーを「Control」を選択します。

キーボードを選択;「Karabiner VirtualHIDkeyboad」、Caps Lockキー;「Control」を選びます

これで、USキーボードのCaps LockキーがControlキーとして機能するようになります。

記号キーの配列もJISキーとは違うので慣れないといけないのですが、それも楽しんでいきたいと思います。


Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top