jittodesign blog

デザインやグラフィックソフト、カメラなどに関するブログです。

Apple Siliconに対応したReflector 4がリリース

約2分

iPhoneやiPadの操作画面をMacに表示させるためにReflector 3を使っていましたが、バージョン4がリリースされApple Siliconに対応しました。バージョン3のままでも問題なかったのですが、mac OSとWindowsの両方で使用できるユニバーサルライセンスが欲しかったのでバージョンアップしました。

Reflector 4のアップデート内容はパフォーマンスの向上とApple Siliconへの対応が主な内容になります。フレームも最新のiPhone12シリーズなどの最新デバイスに対応しました。

ミラーリングの手順は従来と同じで、Mac側でReflector 4が起動している状態でiPhoneやiPadのコントロールセンターから画面をミラーリングでMacを指定します。Mac側の画面に4桁のコードが表示されるのでiPhoneやiPadの画面にコードを入力すればミラーリングが始まります。ミラーリング中はiPhoneやiPadの画面を録画することが可能です。もちろんMacとiPhone/iPadは同一のネットワーク上にある必要があります。

iPad ProをMacにミラーリング
ミラーリング下のエリアから設定ができます
メニューバーのReflectorからは録画や録音、Reflectorの設定などがおこなえます
Reflectorの各種設定

プレゼンや操作画面説明でiPhone/iPadの画面をMacやWindowsに表示させたい方はReflectorをオススメします。UIも新しくなっていますし、M1のMacを使用されている方は値段も安いのでReflector 4にアップデートしてもいいと思います。

Pocket
LINEで送る

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE