Mac

トラックパッド/トラックボール/マウス/ペンタブを使い分けると、幸せになれます

トラックパッド/トラックボール/マウス/ペンタブを使い分けると、幸せになれます

トラックパッド

外出先ではマウスは使わずにMacBook Proのトラックパッドでペンツールでもなんでも作業しています。Photoshopでのブラシ作業はトラックパッドでは難しいですが、ペンツールは以外にいけますね。使いこなすまでは至ってませんが、定番のBetterTouchToolも導入してます。

MacBook Pro標準搭載のトラックパッド

トラックボール

Finder操作や仕事以外のソフト操作はトラックボールのLOGICOOL「SW-M570」を使っています。トラックボールを使ってる人は少数派ですね。繊細な操作にはあまり向きませんが、画面を縦横無尽に移動する操作は得意で、大きく移動してピタッと止める動作は気持ちよさもあります。一番のメリットはマウスのようにトラックパッド自体を動かすことがないので、トラックパッドを置くだけのスペースさえあれば操作が可能なことです。またトラックボールを回転させる操作なので、机表面の素材に関係なく常に同じ状況で操作ができます。


マウス

仕事で特に繊細な操作をする場合や、Chromeでネット見ているときはLOGICOOLの「MX2100sGR MX Master 2S」を使っています。Logicool Optionsでボタンカスタマイズを設定したり、スクロールの速度などを細かく設定することができます。通常の2つボタンマウスを使うよりは遥かに作業効率が高まりますし、少し大ぶりが逆に繊細な作業に向いています。

ボタンは通常の右・左以外に6箇所とホイールが2箇所あります
ポインタやスクロールの詳細な設定が可能


この2Sの一番の特徴はジェスチャー機能で、これが最高なんです。ジェスチャーボタンを押しながらマウスを動かすことでMission Controlで追加したデスクトップを瞬間で切り替えることができます。最初に使った時は衝撃でした。

ジェスチャーボタンによりデスクトップの切り替えが瞬時におこなえます

ペンタブレット

ペンタブは一昔前のモデルですが、ワコムのIntuos 4のSサイズを使ってます。イラストは仕事では描かないので、用途としてはレタッチ作業でPhotoshopのマスクをブラシツールで描画するのに使います。ワコムからは新しい液タブが発売されたので、そのうち試してみたいと思ってます。

授業やセミナーなどではMacBook Proのトラックパッドだけで済ませてしまいますが、普段の仕事はマウスMX2100sGR MX Master 2S、ネットでの調べ物などはトラックボールSW-M570、写真のレタッチなどはペンタブレットIntuos 4を使ってます。作業内容や環境によって上手く入力デバイスを使い分けることで効率を上げることができますし、何よりも気分を切り替えることができます。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top