Mac

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUSの単体録画モードを使う

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUSの単体録画モードを使う

MacBook Proがキーボード修理でピッキングされてしまっているので、その間はAVT-C878の単体録画モードで動画を撮りためようと思います。

AVT-C878PLUS_SettingTool.appで設定する

AVT-C878をMacで使用するための設定をおこなうソフトが「AVT-C878PLUS_SettingTool.app」です。まだダウンロードしていない場合は製品ページからダウンロードとインストールをおこなっておきましょう。

製品ページ https://www.avermedia.co.jp/jp/product-detail/GC513

ページ下にあるドライバータブからダウンロードできます。

初めて起動する際にはダブルクリックではなく、右クリックから開くを選びます。

開いてよろしいですか?画面が表示されるので開くを選びます。

無事に起動することができました。MacとAVT-C878をUSBケーブルで接続していないとソフトが落ちるので、あらかじめ接続しておきましょう。

とりあえず、HDMI Controller/Microphone/Headphonesは最大にしておきました。Record QualityはHigh,HDCP DetectingはOFFにしてあります。

microSDカードをexFATでフォーマットする

exFATフォーマットにすることで、1ファイルが4GB以上でも保存できます。
Macでフォーマットする場合は、MacにmicroSDをセットして「ディスクユーティリティ」アプリを使います。

フォーマットするmicroSDカードを選択し、消去ボタンをクリックします

フォーマットの設定画面が表示されます

適当な名前を付けたら、フォーマットをexFATにして消去ボタンを選びます

これでexFATでフォーマットできました。AVT-C878のスロットにセットしましょう。

AVT-C878を単体録画モードに設定

AVT-C878にモード切替スイッチを単体録画モードに設定します。

スタートボタンを押すと録画が始まり状態ランプが赤く点灯します。録画を止めるには再びスタートボタンを押します。

録画データを確認する

AVT-C878をカードリーダーモードにすることで、USBメモリを繋いだようにMac側でメディアとして認識します。

Macにメディアとして認識されました

録画データを確認したり、Macにコピーすることができます

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

Return Top