デザイン

BROTHER HA2-B149

BROTHER HA2-B149

BROTHERのHA2-B149という家庭用ミシンです。40年くらいは経ってるんでしょうかね。

013

 

佇まいが気に入って、ヤフオクで落札しました。「STITCH LENGTH」、縫い目の距離でしょうか。数字もモダンです。

DARN / NORM / THICKは、生地の厚さで調整するんでしょうか…。

015

 

気軽に持ち歩ける重量ではありません(多分、10kg以上)が、使わない時はケースを被せられるようになっています。

018

 

全体はこんな感じです。

001

002

003

004

 

さて、、、そろそろ白状します。

ミシンを使ったことがありません…。

上糸とか下糸とかも昨日知りました。

とりあえず、使えるようにセットした状態で送って頂いたので、じっくりと観察して仕組みを理解するところから始めたいと思います。

このメモリは…。

005

 

糸は中でどうなってるんでしょう…。

006

 

そして、

このミシンですが、電動を改造して手廻し式にしてあります。

012

 

ハンドルを左回りに回転すると、

おおぅ〜、ちゃんと縫えました。しかし、これもセットされていたのでハンドルを回しただけです。

009

 

何から手を付ければいいのでしょうか?

  • 糸の取り回しを写真にしっかりと収める。
  • 押さえを外してみる。
  • レバーやらダイヤルやらを動かしてみる。
  • 下糸はどこ?
  • 糸は何を買えば? 用途によるんでしょうが…
  • そういえば、針も業務用の針を使うように改造してるそうで…。

アンティークとして飾っておこうなんて気はさらさら無いので、GW中に使い方をマスターしたいと思います。

まずは、ミシンを使える人を探そう。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちはぁ
    同じミシンを祖母から譲り受けモーター付けて現役の電動ミシンとして使用しています
    もう使い方お分かりになりましたか?
    右側の数字のつまみは上糸の強さを調整します
    下糸はホビンで調整します
    市販の安い(1〜3万)ミシンより丈夫で力が強いので厚物も楽々縫えますよぉ
    私も最近やっと電灯あるの気づいたり手探りですがそれがまた楽しくもあります
    大事に長く使えるといいですねw

    • コメントありがとうございます。ネットで同じタイプの取説を見つけたので、使い方は大体ですが分かりました。
      腕が付いていかないので、手動でノンビリと使っていきたいと思います。

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top