写真

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAはZEISSらしい満足できるレンズ

SONY  Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAはZEISSらしい満足できるレンズ

SONY α7Ⅱのレンズは、かなり断捨離してしまい現在はLEICA MACRO ELMARIT R 60mmの1本で回しています。出来の良い標準レンズが欲しくて、SONY SEL50F18FやVoigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 MC VMなども使ってみましたが、どうもしっくりこなく手放してしまいました。

今回購入したのはSONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAです。発売は2013年なので、今更のレビューですが、SONY Eマウントレンズの中では写りに定評のあるZeissレンズになります。標準単焦点レンズとしては、以前SONY SEL50F18Fを所有していましたがAFの遅さと作りの安っぽさに耐えきれませんでした。

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAの簡単なスペックとしては、下記になります。

  • T*コーティング
  • 絞り羽根 9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離 0.5m
  • 質量 281g
  • フィルター径φ49mm

早速、α7IIに装着してみました。バランスとしては悪くないと思います。フォーカスリングも丁度よいトルク感で、非常にスムーズ。55mmという焦点距離を疑問視する方も多いようですが、私の感覚では42〰44mm位が丁度標準的な感覚で、一般的な標準50mmが既に望遠的な私的扱いなので55mmでも全然違和感はありません。むしろ扱いやすいです。

少し使った印象ですが、気に入ったのは

  • AFが静かで速い
  • 高い解像度とコントラスト
  • 小型・軽量で持ち歩きが楽
  • アルミ素材の質感の良さ

デメリットとしてあげられるのは最短撮影距離が0.5mというところですが、クローズアップレンズを付けることで多少は寄れるようになりますし、それ以上寄る必要があればLEICA MACRO ELMARIT R 60mm使うので。

8万円超えと多少お高い(Zeissレンズでは安い?)ですが、Planarとはまた違った開放からカチッとした描画をしてくれます。LEICA MACRO ELMARIT R 60mmと比べるのもアレですが、コーティング技術が良くなったのがハッキリと分かります。特にハイライトが飛ばずにきちんと再現されますし、しっとりとしたのりのいい描画は買ってよかったとすぐに思わせてくれます。またSONY SEL50F18Fとは違い静かで高速なAFは動画撮影をする場合でも大きなメリットです。

試し撮りしたのでご覧ください。状況によっては背景が細かいとボケが騒々とうるさい場合がありますが、それもまた活かせればいいのかと思います。

花形フードが付属しているのですが、どうにも気に入らないのでPENTAXの角型フードを付けています。フレアやゴーストに対しても純正とあまり変わらなそうなので、雰囲気優先します。ただ、このフードはそのままではSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAに装着できず保護フィルターを間に挟む必要がありました。


丸型フードがお好みなら、こんなのも良いかと思います。

開放付近で撮ることが多いので、私はNDフィルター使うことが多くなりそうです。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top