jittodesign blog

デザインやグラフィックソフト、カメラなどに関するブログです。

巨大42.5インチモニター「LG 43UN700-B」

約 4 分

文字を読むためにズーム機能を使ったりと、歳には勝てず年々視力が怪しくなってきました。
そうだ、大きいモニターを変えばいいのだ。デカければデカイほどいいのが。
はい。LGの巨大モニター43UD79T-Bの後継モデルとして発売された43UN700-Bを購入しました。

同じくLGのウルトラワイドモニター34WL750-Bと最後まで迷ったのですが、表示領域の幅も43UN700-Bが少し広いですし、高さもあったほうが良いのではと思い43UN700-Bにしました。

本当に巨大だった…

届いた43UN700-Bですが、思った以上に巨大でした。手持ちのBenQのGW2780と比較すると、その大きさに驚きます。デスクももう少し奥行きがあるのに変えたほうが良さそうです。

34WL750-Bの主な仕様
モニタサイズ42.5インチ
アスペクト比16:9
パネルIPS
HDR方式HDR10
表面処理ノングレア
解像度3840×2160
表示領域941×529 mm
輝度400 cd/m2
リフレッシュレート56~61 Hz
入力端子HDMI1.4×2
HDMI2.0x2
USB Type-Cx1
DisplayPortx1
幅x高さx奥行き967x648x275 mm
重量17.5 kg
その他ブルーライト軽減/フリッカーフリー/スピーカー搭載/音声出力端子/リモコン/PIP/PBPなど

MacBook Proとの接続

レビューなどでMacとの接続時にブラック・アウトするとの記事も見つけてあったのですが、わたしの環境では大丈夫でした。本当はThunderbolt 3接続できればベストなんですが、値段が値段なので贅沢言いません。
普段使っているMacBook ProのハブTUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB3は残念ながら4K 30Hzでしか接続できないので、4K 60Hzに対応しているAnkerのUSB-C & HDMI 変換アダプターかUSB Type C HDMI 変換 ケーブルでつなぐようにします。

サイズ感や画質に関して

視野角が上下左右178度と広めですが、サイズが大きいのでモニターに近づいて端の方を見ると色味が変わって見えます。1m以上離れて見ても十分見れます。やっぱり4K表示するなら40インチ前後のサイズで良いと思います。

PIP/PBPはとても便利

43UN700-Bは入力機器を分割して表示する機能があります。親子画面のPicture in Picture(PIP)のほかに、画面を4分割して表示するPicture by Picture(PBP)はこのサイズだとかなり便利そうです。

モニターアームは欲しいけど…

モニター下部のスペースを活かすにはモニターアームが便利なんですけど、43UN700-Bはディスプレイ部の重量が13.8kgもあり適応するモニターアームが見当たりません。そもそもこの大きさだとモニターに近づいて作業することも無さそうなので、モニター下のスペースを空ける必要も無さそうです。

付属のスタンドでも下向き5度、上向き10度のチルト調整はできますし、そもそもこの大きさで動かそうとすることも無いのかもしれない。

created by Rinker
エルゴトロン
¥13,980 (2020/08/04 04:41:58時点 Amazon調べ-詳細)

キャリブレーションしておこう

初期設定の状態では少し青みが強めでした。X-rite i1 DISPLAY PROでキャリブレーションして、DTP用とWeb用のプロファイルを作っておくことにします。

Pocket
LINEで送る

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE