jittodesign blog

デザインやグラフィックソフト、カメラなどに関するブログです。

MacBook ProをCatalinaにしたらチャタリングが頻発

約3分

現在使用しているMacBook Proは15inch 2018モデルです。これまで使用していてたまにチャタリングは発生していましたが、先月Mac OSをMojaveからCatalinaにアップデートしてからチャタリングが頻発するようになってしまいました。

「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」
https://support.apple.com/ja-jp/keyboard-service-program-for-mac-notebooks

AppleからはMacBookに対して「キーボード修理プログラム」が出ているので、Genius Barに持ち込んでも良いのですが、新型コロナの関係でAppleストア店舗は休業中、配送修理もありますがいずれにしても1週間くらいは掛かってしまいそうです。そのうち第10世代が搭載されたMacBookが発売されたら買い替えたいので、それまでは騙し騙し使えたらいいのですが。

Catalinaにアップデートしてから特に頻発するので、ハードウェアだけではなくOSが関係していることが予想されるので、とりあえず自分でできることを実施してみました。

ちなみにCatalinaへのアップデートはクリーンインストールしています。

私のMacBook Proでの現象

  • キーを1回入力しただけなのに、連続で入力されてしまう。
  • 特定のキーではなくて、スペースキーなどでも発生するので、変換候補が2つ目になったします。
  • 常に発生するわけではなく、テキストエディットなどでは発生しづらい。

実施してみた対策

セーフモードでの起動

  1. 再起動
  2. シャットダウンしたらShiftキーを押しっぱなし
  3. ログイン
  4. 再起動

PRAMのクリア

  1. 再起動
  2. シャットダウンしたら、「command」「option」「P」「R」キーを押しっぱなし
  3. 2回起動するまで押しっぱなしにしてから離す

SMCのリセット

  1. システム終了
  2. 電源ボタンを10秒長押ししてから離す
  3. 数秒待ってから、電源ボタンを押して起動

セーフモード、PRAMクリア、SMCリセットと実施してみましたが、いずれもダメでした。常に発生するわけでもないのでGoogle日本語入力がいけないのかとも思い、標準にしてみましたが関係なかったようです。

去年の11月に発売されたMacBook Pro 16インチモデルから、これまでの悪名高きバタフライ構造のキーボードから以前のシザー式のキーボードに刷新されました。次のモデルチェンジでCPUもアップデートされるようであれば買い替えたいと思います。その時には出来ればTouch Barも無くして元のファンクションキーに戻ってると良いのですが。

自宅での作業はHHKBを使って凌いでいきます。

created by Rinker
HHKB
¥35,200 (2020/11/25 10:04:59時点 Amazon調べ-詳細)
Pocket
LINEで送る

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE