Mac

キーボード沼の入り口に…。HHKB BTの無刻印バージョンを購入しました。

キーボード沼の入り口に…。HHKB BTの無刻印バージョンを購入しました。

FILCO Majestouch Convertible2」のタイピングに満足で、家様ではフルキーボードである必要だったので敬遠していたHHKBを外出用に購入してみました。TypeSにするかBTにするか最後まで迷っていたのですが、最終的にケーブルレスの誘惑には勝てずBTを選択肢ました。

迷った理由は、
  • BTはWinでもMacでも、Bluetooth接続が度々切れるとのレビューが多い→TypeSが良い
  • BTはブラックとホワイトに2色で、TypeSはホワイトのみのカラー展開→BTが良い
  • キータッチはTypeSの方がスコスコと気持ちいい→TypeSが良い
  • MacBook Proのキーボードの上にのせて使う場合は、TypeSだとUSBケーブルが邪魔になりがち→BTが良い

自宅でのみの使用に限れればTypeSを選んでいたと思います。そんなに持ち歩くのかと思いましたが、外でも使いたくなるほど好きになることを期待してBTモデルに決めました。TypeSはそのうちに2台目として買えばいいじゃんと心の何処かで囁きが聞こえたりもしています。

購入したのは「Happy Hacking Keyboard Professional BT 無刻印/墨 PD-KB600BN」です。

お値段は何と29,700円也。こんな小さいのに高級キーボードですね。10年も使い込んでいる方もいらっしゃるので、長く使っていきたいです。墨モデルなのでキーキャップはブランクです。よってキーボード全体が真っ黒です。記号類のキーの位置の記憶が怪しいですが、そのうち覚えるでしょう。上段のキー位置は慣れるまで時間かかりそうですが、無理だったらキーキャップだけ替えちゃえば良いかと思ってます。

無刻印なので、真っ黒なキーキャップ
付属品は「取扱説明書」と「安全上のご注意」の書類と、単三電池2個でした
HHKB 50万台突破キャンペーンということで、「打鍵成就」お守りが付いてきました
裏面には型番などの情報とディップスイッチの説明があります
蓋をあけるとディップスイッチがあるので、Mac用に2番のみONにしました
FILCO Majestouch Convertible2と大きさを比較してみました

HHKBはテンキーは付いていません。それどころか、ファンクションキーも付いてない。そしてUS配列モデルは矢印キーすら付いていません。必要最低限のキー配列なので、ホームポジションから手首を動かすことなく指の移動だけでタイピングが可能です。その代り、ファンクションキーなどの特殊キーはFnキーなどと組み合わせて入力する必要があります。

MacBook Proのキーボードの上に乗せてみました。この使い方をその筋では「尊師スタイル」と呼ぶそうです。Karabinerを使ってHHKBが接続されている時には内蔵キーボードを無効化しておけます。それでもTouchBarは反応してしまうので、ゴム板で浮かせるなど対応をしたいと思います。

尊師スタイル

まだ使い始めたばかりですが、FILCO Majestouch Convertible2を使わなくなっちゃうんじゃないかという心配をするほどキータッチが気持ちいいです。やはり上段のキーを指が覚えていなくて誤打してしまいますが、慣れそうなので少し安心しました。矢印キーが無いのも、それほど問題なさそうです。独自の配列も少しづつ覚えていきたいと思います。タイピング時の音ですが、FILCOの赤軸との比較ですがキーが戻った時の音が少し大きく感じるので、外で使用する際にはもう少し静かだと良いと思います。FILCOと同様に静音化した方が良さそうです。

お気に入りになりそうなので、また改良したらご紹介させてもらいます。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top