Lecture Notes

2017年度 NDG デジタルグラフィック授業

前期授業

デジタルグラフィックデザイン・テキストのダウンロード

1回目オリエンテーション/自己紹介

  • 授業の学び方や習得目標に関して
  • 授業で使用するアプリケーションなどの準備に関して
  • Macのメンテナンスやデータの扱い方、各種設定に関して
  • 授業課題などの提出方法、およびFacebookなどの利用に関して
  • 【課題1】Illustratorのイラストトレース

  • 文字のトレース

2回目Illustratorスキル

  • アクセスマップの制作
  • 線の組み合わせ
  • 道路・JR・私鉄
  • 地図の制作
  • 【課題2】Illustratorのアクセスマップの制作

3回目Illustratorスキル

  • 本文組版
  • 箇条書き
  • タブ
  • 【課題3】組版パターンの課題

 

4回目Photoshopスキル

  • 選択範囲の作り方
  • 色調補正
  • マスクのコントロール
  • 【課題4】写真の補正

ぽくたそ https://www.pakutaso.com/person/
フリー素材アイドルMIKA☆RIKA http://mika-rika-free.jp/

色かぶりの補正 https://www.dropbox.com/s/juw5t2nfnd5nkq3/PS_Color_01.jpg?dl=0

5回目Photoshopスキル

  • カラーマネジメント
  • 画像解像度のコントロール
  • ごみ取り
  • プロファイル変換
  • アンシャープマスク

6回目InDesignスキル

  • 造本設計と紙面設計
  • 本文組版
  • 禁則文字、禁則調整方式、コンポーザ、文字組アキ量設定

7回目InDesignスキル

  • マスターページとドキュメントページ
  • 段落スタイルと文字スタイル

8回目製品カタログの制作課題

Memo

12ページから16ページの製品カタログの制作課題

  • どのカタログを作るかの決定
  • その商品の情報を出来るだけ集める。同カテゴリーの商品や同じメーカーが販売している製品なども情報を収集すること。
  • 情報を整理して、商品イメージやブランドイメージを掘り下げる。
  • 伝えるべき世界観を決める。
  • 表現アイデアのラフスケッチを描く。

Point

分野は家電やデジカメ、自動車、バイクなどとする。家電量販店などへ出向き、出来るだけ多くのカタログを収集すること。その時に興味が沸かなくとも構わないので、もらってくること。

9回目製品カタログの制作課題

  • 台割表の作成
  • ラフスケッチの作成
  • 素材の準備(文章、画像、アイコン、図版など)
  • InDesignによるドキュメントの制作

10回目製品カタログの制作課題

6月30日(金)9:20 提出期限

提出物 カンプ(プリントして冊子にする)、見開きトンボ無しPDF

  • カタログのプリント提出
  • プレゼンと講評

11回目製品カタログの制作課題

  • 再提出

12回目製品カタログの制作課題

  • 再提出

13回目缶バッジ制作

  • ラフスケッチ
  • 缶バッジ、パッケージ

14回目缶バッジ制作

  • 缶バッジ制作

後期授業
1回目デジタルメディア

  • InDesignによるデジタルメディアの概要
  • EPUB、Publish Online、インタラクティブPDFなど
  • パブリッシュとプレビュー

2回目デジタルメディア

  • スライドショーの制作
  • 1対1のボタン
  • 次のステートに移動
  • 見えないボタン

3回目デジタルメディア

  • ハイパーリンク
  • ページ移動
  • Webサイトへのリンク
  • メール送信

4回目デジタルメディア

  • InDesignによるアニメーション

5回目デジタルメディア

  • InDesignによるアニメーション

6回目デジタルメディア

  • InDesignによるアニメーション

7回目デジタルメディア

  • InDesignによるアニメーション

8回目デジタルメディア

  • InDesignによるアニメーション

9回目デジタルメディア

  • InDesignによるアニメーション

10回目デジタルメディア

  • InDesignによるアニメーション

11回目デジタルメディア

  • InDesignによるアニメーション

12回目デジタルメディア

  • InDesignによるアニメーション

13回目デジタルメディア

  • InDesignによるアニメーション

14回目デジタルメディア

  • InDesignによるアニメーション
Pocket
LINEで送る

Return Top