Lecture Notes

限られたスペースに多くも文章を表示させたい場合には「スクロール可能フレーム」を利用します。「スクロール可能フレーム」はエリアをスワイプ操作することで、エリア内のコンテンツがスクロールする機能です。
文章の場合は上下左右にスクロールできると読みづらくなるので、横組みの場合は垂直方向、縦組みの場合は水平方向にスクロールさせます。

表示させる文章が入ったテキストフレームと、それを表示させるエリアのグラフィックフレームを準備します。スクロールさせない方向は、テキストフレームとグラフィックフレームのサイズを同じにしましょう。下の例では、テキストフレームとグラフィックフレームのW寸法は450pxに統一しています。

141205-0002

 

テキストフレームを選択し、編集メニューの「カット」を実行します。
次に、表示させるエリアのグラフィックフレームを選択し、編集メニューの「選択範囲内にペースト」を選びます。

141205-0003

 

これでグラフィックフレーム内にテキストフレームはペースとされます。

141205-0004

 

グラフィックフレームが選択された状態で、Folio Overlaysパネルの「スクロール可能フレーム」を選びます。

141205-0005

 

スクロール方向の設定を、自動検出/水平/垂直/水平および垂直に設定することでスワイプ操作でスクロールするコンテンツを準備できます。

141205-0006

 

「スクロールインジケーター」はスワイプ操作でスクロールさせた際にインジケーターが表示されます。
「コンテンツの初期位置」は最初のテキストの位置を設定です。

141205-0007

 

テキストフレームだけではなく、グラフィックフレームに対しても同様の設定でスクロール可能フレームを利用できます。

141205-0008

 

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top