Lecture Notes

iPhoneのカメラ撮影でのTipsや面白いカメラアプリを紹介します。

標準のカメラアプリの機能紹介(iOS8)

露出コントロール

まずは撮影したいものをタップしてピントを合わせます。ここまでは今までのiOS 7と一緒です。この後、フォーカスの枠の右にある太陽のマークを上下にスライドさせることで、好みの露出(明るさ)に調整ができるようになります。

141119-0015

 

明るくした

141119-0018

 

暗くした

141119-0017

 

スローモーション動画

120fps(fps:1秒間に撮影できるコマ数)または240fpsで720pの動画を撮影することが可能です。スローモーション動画自体はiPhone 5sからの機能ですが、6/6 Plusからは240fpsでの撮影が可能となりました。

141119-0020

 

タイムラプス

iOS 8の新機能。スローモーションの逆とも言えるのが、このタイムラプス機能です。撮影した動画をギュッと圧縮して短い時間で再生します。フレーム数はiPhoneが撮影時間に応じて自動で調整します。

ss 2015-01-26 8.14.56

141119-0021

 

セルフタイマー

3秒と10秒の2種類のセルフタイマーが付きました。セルフタイマーを使うと、自動的にバースト撮影されます。

141119-0019

 

パノラマ

撮影したい場所からiPhoneを上下にぶれないように気をつけて、少しずつ横にずらしていくだけでつなぎ合わせてパノラマが作成されます。

141119-0022

 

色を反転

[設定]→[一般]→[アクセシビリティ]→視覚サポートの中の[色を反転]をオンにする。
ただし、撮影したデータは反転しないので撮影するiPhoneの画面を別のiPhoneなどで撮影する必要がある。

 

カメラアプリを利用した撮影手法

ライトペインティング

長時間露光でシャッターが開いている間に、ペンライトや花火などを振って空中に文字や絵柄を描く。
長時間露光できるカメラアプリが必要。下記以外にも沢山あります。
夜撮カメラ(無料) https://itunes.apple.com/jp/app/ye-cuokamera/id492671847?mt=8
LongExpo Pro(100円) https://itunes.apple.com/jp/app/longexpo-pro-tripod-free-long/id569390620?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
KitCamera.(100円) https://itunes.apple.com/jp/app/kitcamera./id815095229?mt=8

フィルター加工系カメラアプリ

Waterlogue(水彩画風加工)300円 https://itunes.apple.com/jp/app/waterlogue/id764925064

Androidアプリ

Time Lapse(タイムラプスアプリ) https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lebedevsd.timelapse&hl=ja

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top