DTP

【Photoshop CC 2019】変形の仕様をCC 2018以前に戻す方法

【Photoshop CC 2019】変形の仕様をCC 2018以前に戻す方法

Photoshop CC 2019で変わった変形の仕様

CC 2018までは自由変形時の縦横比を固定する場合にはShiftキーを押しながらドラッグする仕様でしたが、CC 2019ではShiftキーを押さない状態で縦横比固定、Shiftキーを押すと縦横比が可変するという逆の仕様に変わりました。しかし、シェイプレイヤーの自由変形ではCC 2019でも以前と同様に縦横比を固定するにはShiftキーが必要になるという何とも中途半端な仕様変更になっています。

CC 2019ではShiftキーを押さなくても縦横比が維持される
CC 2019ではShiftキーを押すと、縦横比が可変する

Photoshop CC 2018までの仕様に戻す方法

CC 2019の仕様に慣れてもいいのですが、中途半端な仕様なのでしばらくはCC 2018以前のShiftキーで縦横比固定に変更したいと思います。

テキストエディットで新規書類を開きます。

テキストエディットでなくてもエディタであれば構いません。

ポイント

プレーンテキストで作成する必要があるので、テキストエディットの環境設定>新規書類のフォーマットを標準テキストにしてから新規書類を作成するか、リッチテキストになっている場合はフォーマットメニューから標準テキストにするを選びます。

TransformProportionalScale 0を入力する

上記をコピー&ペーストしても構わないので、TransformProportionalScale 0と入力します。

PSUserConfig.texというファイル名で保存する

先程の1行を入力したら、デスクトップに「PSUserConfig.txt」というファイル名と拡張子で保存します。

ファイルを移動する

先程保存したPSUserConfig.txtファイルを指定場所に移動します。移動先は、MacintoshHD/Users/<ユーザ名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Photoshop CC 2019 Settings/の中になります。

ポイント

ユーザ内のライブラリにアクセスしないといけないので、Finderの移動メニューをoptionキーを押しながら表示させライブラリを選びます。ライブラリフォルダに頻繁にアクセスする場合は、Finderウインドウでホームが選択されている状態で、表示メニューから表示オプションを選択してライブラリフォルダを表示にチェックを入れておきましょう。

Photoshopを再度起動する

ファイルが移動できたら、Photoshopを一旦終了し、再度起動してみましょう。CC 2018以前の仕様に戻っているはずです。これで縦横比を固定したい場合にはShiftキーを押し、変倍させたい場合にはそのままドラッグすることで変形させることができます。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top