Mac

ようやくmacOS High Sierraにアップデート。ただしAPFSではなくHFS+のまま。

ようやくmacOS High Sierraにアップデート。ただしAPFSではなくHFS+のまま。

macOS High Sierraがリリースされて半年ほどが経ちましたが、仕事で使用しているアプリケーションも対応が進んだようなので、High Sierraにアップグレードすることにしました。

しかし、High Sierraから変更された新しいファイルシステムのAPFS(Apple File System)は、現在でも不具合があるようです。

  • APFS暗号化ディスクを作る際に使用したパスワードが、パスワードのヒントして平文のまま表示される
  • APFSフォーマットのディスクイメージでデータが消失する不具合

そこで、今回はmacOS High Sierraにアップグレードしつつ、APFSではなくHFS+のまま運用することにしました。通常のApp Storeからのインストールでは強制的にAPFSに変換されてしまうので、ターミナルを利用します。

作業に関しては、「ソフトアンテナ ブログ」(http://www.softantenna.com/wp/)様の記事を参考にさせて頂きました。

【Tips】macOS High Sierraインストール時のAPFS変換をスキップする方法
http://www.softantenna.com/wp/tips/macos-high-sierra-skip-apfs/

まずはTimeMacineでバックアップ

不具合が起きる可能性もありますので、まずはTimeMacineでバックアップを取っておきます。

macOS High Sierraインストーラーのダウンロード

App Storeから「macOS High Sierra」をダウンロードします。

ダウンロードが終了するとインストーラーが起動しますが、メニューから「macOSインストールを終了」を選んでインストーラーを終了します。

アプリケーションフォルダに「macOS High Sierraインストール」アプリが入ってます。

ターミナルを使ってインストールする

HFS+でインストールするには「ターミナル」を使う必要があります。

アプリケーション>ユーティリティフォルダから「ターミナル」を起動します。

Launchpadでは「その他」の中に入っています。

ターミナルを起動したらコマンドを実行します。

ライセンス条項が表示されるので、「A」と入力します。

パスワードを求められるので入力すると、インストールが始まります。

無事にHFS+のまま、macOS High Sierraへ

macOS High Sierraにアップグレードすることができました。

「ディスクユーティリティ」アプリで、フォーマットを確認してみます。

無事にHFS+のままmacOS High Sierraにアップグレードすることができました。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top