DTP

Macで数式が入力できるようにTEX環境を構築してみた 数式フォントのアウトライン化編

Macで数式が入力できるようにTEX環境を構築してみた 数式フォントのアウトライン化編

数式フォントをアウトライン化する

前回、LaTeXiTから書き出したPDFファイルをIllustratorで開いた際に、フォントが置換できなかったことが確認できたので、まずは書き出したPDFに数式フォントがエンベッドされているのかを確認します。エンベッド出来てるなら、Acrobat DCから備わったフォントのアウトライン変換の機能を使ってアウトラインしてみます。

フォントのエンベッドの確認

LaTeXiTから書き出したPDFファイルのフォントがエンベッドされているかをAcrobat Pro DCで確認します。

ファイルメニューから「プロパティ」を選んで、フォントタブを確認します。どうやらLaTeXiTの数式フォントは埋め込みできているようです。

Acrobat Pro DCでPDFにエンベッドされたフォントをアウトライン化する

AcrobatはDCのバージョンからフォントをアウトライン化することができます。Acrobat Proの編集メニューから「プリフライト」を選びます。

プリフライトのウィンドウが表示されるので、PDFフィックスアップから「フォントをアウトラインに変換」を選んで、「解析してフィックスアップ」をクリックします。

保存場所が聞かれるので、ファイル名と保存場所を決めて保存します。

プリフライトのウィンドウでアウトラインに変換されたのを確認しました。

念のため、Illustratorで書き出したPDFファイルを開いてみます。ちゃんとアウトライン化されていました。ドキュメントのカラーモードはCMYKで、カラーもK100%となっています。

これでInDesignに配置に配置しても安心です。

他にも方法がありそうなので試してみたいですが、今回は上記の方法で対応したいと思います。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top