Mac

Macで数式が入力できるようにTeX環境を構築してみた 環境構築編

Macで数式が入力できるようにTeX環境を構築してみた 環境構築編

Macで数式が使いたい

Keynoteでのスライド制作などで、どうしても数式を使いたい場合があります。少しであればIllustratorで作ることもできますが大量となると難しいです。Wordでも数式作れるようですが、出来れば使いたくない…。

ネットでいろいろと調べてみるとTeXというのがあるらしい。いくつかのサイトを参考に環境を構築してみることにしました。

参考にしたサイト
MacTeX 2016 のインストール&日本語環境構築法 (El Capitan 以前/以後両対応)
El Capitan / SierraでTeX環境をゼロから構築する方法

MacTEXのインストール

下記のサイトからMacTEXをダウンロードします。2GB以上あるので時間が掛かります。

MacTEXダウンロード https://tug.org/mactex/mactex-download.html

インストーラーがダウンロードされるので、ダブルクリックして起動します。

インストーラーが起動するので、「続ける」をクリックします。

「続ける」をクリックします。

「続ける」をクリックします。

使用許諾の同意画面が表示されるので、「同意する」をクリックします。

インストール先の確認画面が表示されるので、「続ける」をクリックします。

インストール種類の選択画面が表示されるので、「インストール」をクリックします。

パスワードが求められます。

インストールが始まります。

インストールが完了しました。

MacTEXのアップデート

ターミナルを起動して、tlmgrコマンドで最新版に更新をします。これも時間が掛かります。

日本語フォントが使えるように準備する

ターミナルで下記のコマンドを実行します。

 

TeXShopの起動とアップデート、および環境設定

アプリケーション>TeX>TexShop.appを起動します。

TeXShopメニューから、「アップデートを確認」を選びます。

ソフトウェア・アップデートがある場合には、「アップデートをインストール」を選んでアップデートをしておきます。

次にTeXShopメニューから「環境設定」を選びます。

TeXShop 環境設定が表示されるので、書類タブの左下にある「設定プロファイル」から「pTex(ptex2pdf)」を選択して、「OK」をクリックします。TexShopでの設定は以上になります。

BibDesk.appのアップデート

BibDeskは文献情報を管理するためのデータベースソフトだそうです。アプリケーション>Tex>BibDesk.appを起動します。

アップデートが表示された場合は、「Install Update」をクリックして最新版にしておきます。

LaTeXiTのアップデート

LaTeXiTは数式を作成して出力してくれるアプリケーションです。このアプリケーションで数式を作ってKeynoteなどにドラッグ&ドロップすることで数式を使えるようになります。アプリケーション>Tex>LaTexiTを起動します。

LaTeXiTメニューから「アップデートを確認」を選びます。

ソフトウェア・アップデートがある場合には、「アップデートをインストール」を選んで最新版にしておきます。

以上で、環境構築は完了です。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top