Mac

SIMフリーiPhone SEを購入して、auから楽天モバイルに移行しました

SIMフリーiPhone SEを購入して、auから楽天モバイルに移行しました

これまではau版iPhone6を使ってましたが、2016年10月で機種変更して2年が経ち、11月が更新月となるので楽天モバイルに乗り換えることにしました。

 

iPhone SE 64GB スペースグレー

今回乗り換えたのは、通信料の節約も理由の一つですが、2年前にそれまでのiPhone5cからiPhone6にして4インチから4.7インチなり気に入れなかったのが大きな要因です。どうも間延びした感じがして、エッジの曲線具合もしっくりせず、最初の1週間は楽しめたものの、それ以降は割り切って使ってました。iPhone5cに戻ろうとヤフオクを除くこともしばしば。しかし、SEが発売され2016年3月に発表され乗り換える機会をうかがってました。
ただiPhone7の発表まで待ってどちらにするか決めようと思ってました。iPhone7は性能的に素晴らしい(特にカメラ性能)と思いましたが、デザインがやはりiPhone6の流れと変わらずiPhone SEへと決めました。

iPhone SEは64GBで49,800円(税別)。Apple Store 渋谷にて直ぐに購入できました。

iPhone SE http://www.apple.com/jp/iphone-se/

カラーは「スペースグレー」で以前使っていたiPhone5と同じ。

01

手にすっぽりと収まるこの感じが好きです。ガラスフィルムだけ貼って、裸族でいきたいと思います。

09

楽天モバイル

auでは通話をほとんどしなくても月8,500円ほど掛かっていました。楽天で買い物をすることはほとんどないのですが、現状での通信速度の評判の問題無さそうな「楽天モバイル」のSIMを使うことにしました。通話SIMでベーシックプラン、3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプランとあります。

通話SIM
ベーシックプラン 1,250円
3.1GBプラン 1,600円
5GBプラン 2150円
10GBプラン 2,960円

これまでのauでの通信量は3〜4GBの間なので、今回は「5GB」プランを申し込むことにします。

楽天モバイル http://mobile.rakuten.co.jp/?sclid=a_service

楽天を利用しているユーザは楽天スーパーポイントが貯まったり、月々の支払いに利用することができます。注意点としては1年過ぎずに解約すると9,800円の解約金が発生します。
格安SIMは沢山の種類がありますが、auなどのキャリアと違い混み合う時間帯に通信が遅くなる傾向があります。ユーザ数や地域によって通信速度は変化していくので、あまりにも遅くなる場合は手持ちのiPad miniに差してるOCNモバイルのSIMと差し替えて対応するつもりです。

手続き

auから楽天モバイルへの移行の流れは、通常下記のながれです。

  1. auへ電話をしてMNP予約番号を取得する
  2. 楽天モバイルのSIMを申し込む
  3. SIMが届いたらiPhoneに差して、手続をおこなう
  4. APNのダウンロート&インストールをする

ただ、今日中に手続を終えたかったので楽天モバイルも店舗に行って手続をしました。トータルで1時間半ほどで終わりました。
「楽天モバイルWiFi」という362円(月額)が強制的に加入させられてしまいましたが、2ヶ月間は無料で明日移行に登録解除できるとのこと。

  1. auへ電話をしてMNP予約番号を取得する
  2. 楽天モバイルの店舗へ行き、申し込む(クレジットカート、本人確認書類、MNP予約番号)
  3. auからの移行手続で1時間ほど待たされる
  4. 手続完了後SIMを差し替えて、店舗のWi-FiでAPNをダウンロード&インストール
  5. 通話とネットの確認をして終了

12

私は横浜市内港北インター近くのジョーシンに入っている楽天モバイルのカウンターで手続きをしましたが、近くに店舗がある人は店舗に行ったしまった方がSIMが送られてくるのを待たなくて良いのでお勧めです。またiPhoneの場合はSIMを差してAPNの設定をしても上手く1回では回線が繋がらない場合があるそうです。私の場合も1回目はダメで、2回目で通話ができるようになりました。

楽天モバイルSIMアプリ

App Storeから「楽天モバイルSIMアプリ」をインストールしました。このアプリで「今月」と「直近3日間」のデータ使用量を確認することができます。楽天モバイルの場合は、3日あたりで1.7GBの通信速度制限が設けられています。

11

「楽天モバイルSIMアプリ」ではデータ使用量以外にも、オプションの申し込みや利用明細などができます。

10

解約は更新月の初日にすべし

これは事前にネットで情報を集めておきました。更新月以外での解約は9,500円+税の違約金が掛かってしまいます。auの場合は、更新月が1日〜月末と分かりやすいのですが、2日移行に解約するとその月のLETフラット(5,700円/月)が全額請求されます。これが初日の1日に解約すれば0円で済むそうです。

また「誰でも割」が更新月に解約する場合には適用されなくなるため、基本料金全額の日割り計算で請求されます。

さらに、家族間通話が無料になるのは「誰でも割」と家族割」共に適用になる場合だけのため、解約月は家族間通話が無料にはなりません。通常通話料の7割である1分=28円となります。

違約金のことは知ってる人が多いとは思いますが、更新月に解約すれば良い訳ではなく「更新月の初日」に解約するべきですね。そのためMNPする人は少し前にMNP予約番号を取得して、初日に解約できるように初日に格安SIMが手元に届いているように準備した方が良いようです。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top