デザイン

製本道具

製本道具

製本のワークショップなどもあり製本道具が増えてきました。無線綴じからのバリエーションには十分に対応できるようになってきたと思います。断裁機とかもあればいいとは思うのですが、手作業でできることはなるべく手を動かしてもらおうと思います。

これからも道具関係は増やしていくつもりですが、とりあえず現状の道具はこのようになっています。

 

固定器具

用紙を固定するための器具を紹介します。

製本機

製本工程の中で行う本文を揃える、背に溝を掘る、ホットメルトシートを貼る、アイロンでホットメルトを溶かす、これらの工程で本文を固定しておくための器具です。

18

01

 

平板と輪ゴム

製本機が車では平板で本文を挟み、輪ゴムで留めていました。

17

 

ガチャック

揃えた本文を一時的に固定した場合はガチャックを使っています。

25

 

クリップ

一時的に本文を固定するときに使用します。

24

 

ドラフティングテープ

仮留めのための剥がせるテープです。

23

 

 

切る道具

用紙を切るための道具を紹介します。

カッター

普通のカッターを使っています。毎回使う前には刃を折って使うこと、通常は箸を持つように持つこと、寝かせて切ること、これまでの教えを守るようにしています。

08

 

特殊なカッター

上段はカッターではなく、両面テープとカッターの刃を安全に折るためのPokiという製品です。1番下がデザインカッターで、下から2番目がミシン目を入れるカッターです。

33

 

かどまるPRO

用紙の角を丸く切り落とす時に使います。

26

 

はさみ

定番ですね。普通のと小さいのの2種類を使ってます。切れ味も良くて使いやすいです。

13

 

silhouette CAMEO

複雑なカタチで用紙を切りたい場合には、Illustratorのパスで切断できるカッティングプロッタが便利です。

IMG_5548

 

 

穴を明ける

用紙に穴を明けるための道具を紹介します。

目打ち

本文の用紙に穴を明ける時に使用します。

09

 

ポンチ

 

パンチ

35

 

スクリューポンチ

押すことで、回転しながら穴を空ける工具です。

20

 

削る・溝を彫る

ハンディ鋸

本文の背に溝を入れる時に使用しています。

22

 

紙ヤスリ

用紙の切り口が曲がってしまったりした時に、真っ直ぐに削る時に使用します。

 

平ヤスリ

これも用紙の切断面を均す時に使います。

 

 

貼る・接着する道具

本文を接着したり、用紙同士を接着するための道具です。

ホットメルトシート

以前は下で紹介しているグルーガン+ホットメルトを使っていましたが、このホットメルトシートに換えてから時間も掛からなくなりましたし、安定して接着できるようになりました。

 

グルーガン/ホットメルト

29

 

とじ太くん

ホットメルトシートやホットメルトを塗って、この製本機に差し込むと押さえながら加熱され接着することが出来ます。

36

 

アイロン

ホットメルトシートやグルーガンを使って塗ったホットメルトを溶かして、用紙を接着する際に使用します。

16

 

スプレーのり

用紙の面を接着する時に使用します。

 

ホットシーラー

ビニールを接着する際に使用します。

02

 

 

用紙を折る

用紙を折るための道具を紹介します。

スパチュラ

05

 

鉄筆

07

 

万能ヘラ

06

 

ローラー

用紙にスパチュラなどで折り目を、折り目を馴染ませるためにローラーを掛けます。

21

 

番外編

タッカー

木材などを固定する際に使用します。スクリーン版の枠を作ったりする時に便利です。

 

ベルトクランプ

木材で枠組みを作り、ボンドやタッカーでくっつける時に使用します。

 

バイス

加工する際にモノをしっかりと固定する際に使用します。

 

ベンチグラインダー

金属など研磨する時に使用します。

 

Tシャツくん Black

手軽にスクリーン印刷ができる装置です。

 

ピンセット

細かい作業をする際に使用します。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top