デザイン

スタンプを元に刻印を制作する

スタンプを元に刻印を制作する

前回、スクリーン製版機のTシャツくんとEZスタンプ匠用のスタンプシートを利用してオリジナルスタンプを作りました。今回はそのスタンプを利用して刻印を作りたいと思います。使うのは「おゆまる」と「UVレジン」です。

おゆまる

100均でも売られているプラスチック粘土で、80度以上のお湯に3分間入れると柔らかくなり、お湯から取り出して柔らかい内に成形することで冷えて固まり型枠として使えるようになります。再度お湯に入れることで何度でも使うことができます。

02

UVレジン

紫外線硬化樹脂でその名の通り、紫外線に反応し硬化します。1液性なので扱いやすくアクセサリー制作などでも良く使われています。紫外線が必要ですが手元にある「Tシャツくん」は紫外線を露光する機械なので、そのまま利用できると思います。

01

材料
  • オリジナルスタンプ
  • オリジナルスタンプより少し大きいプラケース
  • おゆまる
  • UVレジン

作り方

おゆまるで型枠を作る

普通に水を沸騰させボウルに移して3分ほどすれば大体80度くらいになっていると思います。そこに「おゆまる」を入れて3分ほど待ちます。

04

 

制作するスタンプよりも少し大きいサイズのプラケースを準備しておき、おゆまるを押し込みます。

09

 

次に、スタンプをおゆまるの上から真っ直ぐ押し込みます。そのまま冷えて固まるまで待ちます。

06

 

3分ほど経ったら、スタンプを抜きます。

07

 

おゆまるが冷え固まったらケースから抜き出します。これで型枠は完成です。

08

 

UVレジンで刻印を作る

完成した型枠にUVレジンを流し込みます。押し型に使用するである程度厚くしたい。厚いと硬化しづらいので、少し流したらTシャツくんで紫外線を照射するのを繰り返すことにします。

02

 

Tシャツくんにセットして紫外線を6分間露光します。

04

 

取り出して更にUVレジンを流し込みます。

03

 

Tシャツくんにセットして紫外線を6分間露光します。これを3回繰り返しました。

05

 

おゆまるは弾性があるので手で広げながらUVレジンを取り出せました。

07

 

刻印の出来上がり。

08

 

革に施してみました。(追記:2015年1月17日)

02

 

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top