デザイン

【Podea】レーザー彫刻でスタンプを制作

【Podea】レーザー彫刻でスタンプを制作

Podea-01でスタンプが作れるか

1.6Wの出力しかないPodea-01を使って、はたしてスタンプが作れるのか、実際にやってみました。以前にもTシャツくんを使ってスタンプを作ったことがありますが、ある程度の深さがないと上手くスタンプが押せないと思います。

通常のゴムをレーザーで燃やすと有毒なガスが生じるので、レーザーカッター用のゴム板を購入しました。商材ネットショップ「Laser Style」でA4サイズ税込2,592円と高いですが、少臭タイプなのと、A4あれば沢山作れそうです。

スタンプ用のデータをIllustratorで準備

手元にスタンプの持ち手があったので、それに合わせたサイズ(24mm角)でデータを作りました。彫るエリアを塗りブラック(R:0、G:0、B:0)で作るのと、スタンプなので反転したデータを作りました。

Adobe Illustrator CC 2015ScreenSnapz001

データができたら、スクリプトでPodeaソフトに送ります。

Adobe Illustrator CC 2015ScreenSnapz002

Podea-01でレーザー彫刻

速度を遅くして、なるべく深く掘れるようにします。

Parallels DesktopScreenSnapz004

遅くしてるので、時間が掛かります。

01

黒くなってるのは焼けカスです。深さが浅いので、もう一度同じ設定で繰り返しました。

02

水で洗い流しました。

03

スタンプ台に合わせてカットします。

04

2回でもまだ浅いようです。

05

スタンプ台にセメダインで貼り付けました。

06

やはり深さが足りないために、キレイにスタンプできません。

07

余計なゴムをカットして、力加減をうまくできれば何とか使えますが、今度はもっと繰り返して深く作ってみようと思います。材料毎の設定データを蓄積していくことが、重要ですね。

08

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top