DTP

Photoshop スナップショットの使い方

Photoshopのヒストリーパネルにあるスナップショットの使い方

ヒストリーパネル

まずは毎回使用するヒストリーパネル。作業が時系列で保存されていきます。作業を戻りたい場合は、ヒストリーパネルの項目をクリックします。

01

ヒストリーに保存される数は、環境設定>パフォーマンスの「ヒストリー数」で設定できます。

02

スナップショット

ヒストリーパネルにはスナップショットという機能があり、これを使うとヒストリー数に関係なく、その時の状態を保存することができる。
スナップショットを作成するには、ヒストリーパネルのパネルメニューから「新規スナップショット」を選ぶか、ヒストリーパネル下のボタンをクリックします。

07

スナップショット名を指定するウィンドウが表示されるので、分かりやすい名前を付けておきます。

08

保存したスナップショットをクリックすることで、ヒストリーに関係なく戻ることができます。

09

スナップショットを新規ドキュメントとして保存する

便利なスナップショットですが、ドキュメントを閉じてしまうと削除されてしまいます。スナップショットの状態を保存したい場合は、新規ドキュメントとして保存することができます。

06

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top