Lecture Notes

ロゴなどの扱い

ロゴやアイコン、ピクトグラムなどはいろんなサイズに拡大・縮小して使用されるので、線幅の設定されていない単純なパスで形成されたオブジェクトにする必要があります。

以下は、線幅や重なったオブジェクトで形成されたアイコンです。ロゴやアイコン、ピクトグラムとして使用する場合の手順を説明します。

データを開きます

icon_001

 

選択ツールでせんたくしてみると1番大きい円が線幅で形成されているのがわかります。また「point」の文字もフォントなので違うフォントに置き換わったり、文字化けする可能性があります。

icon_002

 

文字が選択されている状態で、書式メニューから「アウトラインを作成」を選択しましょう。

icon_003

 

文字がアウトライン化されました。

icon_004

 

続いて、オブジェクトメニューのパスから「パスのアウトライン」を選び、外側の線幅で形成された円を塗りのオブジェクトに返還します。

icon_005

 

大きい円が塗りだけのオブジェクトになりました。

icon_006

 

同じ塗りのカラーのオブジェクトはパスファインダーパネルの「合体」を適用して1つのオブジェクトに変換します。

icon_007

 

シアンの塗りのオブジェクトが1つのオブジェクトになりました。

icon_008

 

必要に応じて、パスファインダーパネルの「前面オブジェクトで型抜き」を使用して中抜きの状態にします。

icon_009

 

型抜きにしない場合で相対的な位置を維持させたい場合には、オブジェクトメニューの「グループ」を適用します。

icon_011

 

保存する場合は、ファイル名を半角英数字で付け、Illustratorオプションでは「ICCプロファイルを埋め込む」のチェックをOFFにしましょう。

icon_012

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top