Lecture Notes

本文組版

タイトルや見出しは「見せる文字」なのでどんな組み方をしても構わないが、本文は決められたエリアで折り返されるため統一したルールでコントロールする必要がある。
本文組版で重要なのは、エリアの寸法を計算して作成することと、文字パレットのトラッキングで均等詰めを設定すること。
そして、行の揃えを他の段やページとずらさないこと。

エリアの字送り方向の寸法と行送り方向の寸法の計算

ai_001
ai_002

 

エリアのサイズ変更

文字ツールで適当なサイズのエリアを作成し、書式メニューからエリア内文字オプションを選択

ai_003

 

均等詰め(空け)の設定

ai_004

 

<point>
トラッキングで均等詰め(空け)組みをする場合でも欧文にはトラッキングは設定しない事
トラッキングを0 にするショートカット command+option+Q

 

スレッドテキストの作成

段組を作成したい場合には、エリア内文字オプションで段数を設定する方法とエリア内テキストを連結方法がある。

ai_005

ai_006

 

<point>
エリア内文字オプションで段組を設定した場合には、各段落の幅・高さは共通になるので、
図版などが本文に重なる場合には、オブジェクトメニューの「テキストの回り込み」を使用する。

 

行取り見出しの設定

本文内に小見出しが入る場合には、本文の行取りでスペースを確保して本文の行をずらさないようにする。

ai_007

 

本文の3 行分のスペース
12Q20H なので、(3-1)×20H+12Q=52H
小見出し2 行分のスペース
16Q18H なので、(2-1)×18H+16Q=34H
本文3 行の中央に小見出し2 行を揃えたいので、前後に余りのスペースを按分する
(52H-34H)÷2=9H

ai_008

 

<point>
小見出し1 行目の前のアキは、段落パレットの「段落前のアキ」で設定

ai_009
<point>
1 行目に小見出しがある場合には、段落前のアキが適用されないので、空行を
挿入して改行文字に段落前のアキと同じ行送りを設定する。
<point>
段落後のスペースは小見出しの行送りが既に行間を作っている事と、小見出しの
後の本文をグリッドに揃える為に本文の行間を作る必要がある。

ai_010

ai_009

ai_012

 

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top