Lecture Notes

Affter Effects 基本操作

Adobe After Effects CCがまだインストールされていなければ、Creative Cloud デスクトップアプリを使用してインストールします。インストールができたら起動しましょう。

新規プロジェクト

スタートアップスクリーンが表示されるので、「新規プロフェクト」を作成します。

ファイルメニュー>新規>新規プロジェクトからも同様の操作が可能です。

プロジェクトへの素材の取り込み

素材の読み込みは、Finderウィンドウからプロジェクトへドラッグ&ドロップで行えます。

または、ファイルメニューの読み込み>ファイルから指定しても読み込むことができます。

新規コンポジションの作成

コンポジションメニューから「新規コンポジション」を選びます。

コンポジション設定のウィンドウが表示されるので、作成するムービーの設定を行います。

プロジェクトウィンドウにコンポジションが作成されます。

タイムラインへの素材の配置

使用する素材をタイムラインへ配置します。プロジェクトウィンドウの素材をタイムラインへドラッグ&ドロップします。

レイヤーの作成

レイヤーには「テキスト」「平面」「ライト」「カメラ」「ヌルオブジェクト」「シェイプレイヤー」「調整レイヤー」などがあります。
レイヤーメニューの「新規」から作成します。

平面レイヤーの場合は、ただの塗りつぶされた面のレイヤーです。設定画面が表示されるのでサイズやカラーを指定します。

レイヤーを作成すると自動的にプロジェクトにフォルダー分けされて配置されます。

トランスフォームでの動きの設定

タイムラインに素材を配置しました。レイヤーの左にある▶︎をクリックして展開します。

トランスフォームの中には「アンカーポイント」「位置」「スケール」「回転」「不透明度」のアニメーションがあります。

タイムラインが「0」fの位置で、ストップウォッチのアイコンをクリックしてキーフレームを作ります。

タイムラインの経過したフレームを選択します。

コンテンツを移動させると自動的にキーフレームが作成され、アニメーションが設定されます。

移動の場合は、軌道にハンドルが表示され移動をコントロールすることができます。

Pocket
LINEで送る

Return Top