Lecture Notes

iPhoneで撮影したムービーをMacに取り込む

  • iPhoneとMacをUSBケーブルで接続する。
  • Mac側で「イメージキャプチャ」を起動する。
  • Macに取り込みたい動画を選択して「読み込む」をクリックする。

<イメージキャプチャ>

141126-0041

 

iMovieを使った動画編集

Mac用動画編集ソフト「iMovie」 https://www.apple.com/jp/mac/imovie/

141127-0001

 

イベントの作成

iMovieの操作は、「イベント」という入れ物を作り、その中に「クリップ」(1つ1つの動画)を取り込みます。イベント内にクリップとは別に「プロジェクト」を立ち上げ、プロジェクト内にクリップを並べていくことで編集します。
まずは、「新規」をクリックして「ムービー」を選びます。

141127-0003

 

テーマ選択の画面が表示されるので「テーマなし」を選んで「作成」をクリックします。

141127-0004

 

イベントを指定し、プロジェクトの名前を付けて保存します。

141127-0005

 

「読み込む」をクリックします。

141127-0006

 

ムービーファイル(クリップ)を選択して「選択した項目を読み込む」をクリックします。

141127-0007

 

これでイベント内にクリップが読み込まれます。

141127-0008

 

クリップ内をドラッグすることで、クリップの使用範囲を指定することができます。

141127-0009

 

クリップをイベントウィンドウにドラッグ&ドロップします。

141127-0010

 

複数のクリップを繋げるように並べていきましょう。クリップの端をドラッグすることで長さは変更できます。

141127-0011

 

左下の「トランジション」をクリックすると、「トランジション」パネルが表示されます。

141127-0013

 

トランジションをクリップのつなぎ目までドラッグ&ドロップします。

141127-0014

 

イベントのトランジション部分をドラッグすると、トランジションの継続時間が設定できます。

141127-0016

 

同様に左したの「タイトル」をクリックするとタイトルのテーマが表示されるのでイベントまでドラッグし文字の設定をしましょう。サウンドファイルをiTunesライブラリから取り込みたい場合は「iTunes」をクリックします。
編集が完了したら、右上の「共有」をクリックし「ファイル」を選択します。

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top