Lecture Notes

ボタンを押されたりしたときに表示を切り替えたい複数のフレームを用意します。グラフィックフレームでも、テキストフレームでも構いません。同じ大きさで同じ位置でも構いません。

作例ではグラフィックフレームを3つ用意しています。

141027-0011

 

3つのフレームを選択します。「オブジェクトステート」パネルの下部にある「選択範囲をマルチステートオブジェクトに変換」ボタンをクリックします。

141027-0013

 

これで3つのフレームはオブジェクトステートに変換されました。

141027-0014

141027-0016

 

ステートをクリックして、表示が切り替わるのと確認しましょう。

141027-0015

141027-0017

 

オブジェクトステートができたら、ステート(切り替わるフレーム)が切り替わる《きっかけ》を作ります。
最初は、1つずつのステートに対応したボタンを作成して、クリックした際に対応したステートが表示されるようにします。ボタンとして使用するフレームを準備します。ボタンとして使用するフレームもグラフィックフレームでもテキストフレームでも割り当てないフレームでも構いません。

141027-0018

 

ボタンとして使用するフレームを1つ選択します。

141027-0019

 

「ボタンとフォーム」パネルを表示し、パネル下部の「ボタンに変換」をクリックします。

141027-0020

 

次に、「ボタンとフォーム」パネルのアクションの「+」ボタンをクリックして、「ステートに移動」を選択します。

141027-0024

 

「ボタンとフォーム」パネルの「オブジェクト」が先ほど作成した「オブジェクトステート」パネルのオブジェクト名と一致していることを確認し、対応するフレームを「ステート」の項目から選択します。

141027-0025

 

残りのボタン用のフレームとステートも「ボタンとフォーム」のアクションを同じように設定します。
設定できたら、ファイルメニューから「Folioのプレビュー」を選んで、確認しましょう。

141027-0027

141027-0028

141027-0029

 

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top