Lecture Notes

3.EPUBの編集、扉ページの作成

InDesignから書き出したリフローレイアウトのEPUBに、扉ページを設けたい場合があります。
その手順を覚え書きしておきます。

Adobe-Illustrator-CC-2014ScreenSnapz001

扉ページの画像データの準備

9章まであるので扉ページ用の画像データを9つ準備しました。編集用にPhotoshop形式での保存と、EPUB用にJPEG形式で準備します。画像サイズは1600×2560pxとします。

PhotoshopScreenSnapz002

 

JPEG形式で書き出したファイルは解凍したEPUBフォルダのOEBPSフォルダ内のimageフォルダに移動しておきます。

FinderScreenSnapz001

 

EPUBフォルダ内にファイルを追加したので、content.opfファイルのmanifestタグに追記しておきます。

<item id=“01.jpg” href=”image/01.jpg” media-type=”image/jpeg” />
<item id=“02.jpg” href=”image/02.jpg” media-type=”image/jpeg” />
<item id=“03.jpg” href=”image/03.jpg” media-type=”image/jpeg” />
<item id=“04.jpg” href=”image/04.jpg” media-type=”image/jpeg” />
<item id=“05.jpg” href=”image/05.jpg” media-type=”image/jpeg” />
<item id=“06.jpg” href=”image/06.jpg” media-type=”image/jpeg” />
<item id=“07.jpg” href=”image/07.jpg” media-type=”image/jpeg” />
<item id=“08.jpg” href=”image/08.jpg” media-type=”image/jpeg” />
<item id=“09.jpg” href=”image/09.jpg” media-type=”image/jpeg” />

390964b6ede861e8b1f9302b99ba6ef1

 

扉ページ用のXHTMLファイルの作成

扉ページ用のXHTMLファイルを作成します。テキストエディットまたはWebオーサリングソフトで新規ファイルを作成します。

下記のように記述します。(1章の場合)

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″ standalone=”no”?>
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml”>
<head>
<title>Chapter01</title>
<link href=”css/ReflowEPUB_idstyles.css” rel=”stylesheet” type=”text/css” />
</head>
<body class=”chapter” id=”toc_marker-1″ xml:lang=”ja-JP”>
<div class=”tobira”>
<img class=“chapter” src=”image/1.jpg” alt=“1”章の扉ページ />
</div>
</body>
</html>

1b92974b4ee8fb60e5c46b577a6052ac

 

保存する際には、拡張子を「.txt」ではなく、「.xhtml」とします。拡張子は「.txt」ではなく「.xhtml」とすることに注意しましょう。標準テキストのエンコーディングは「Unicode(UTF-8)」とします。

479f6619da458c497f9dd09f3ff1ea80

 

拡張子を「.xhtml」としたので、拡張子の選択画面が表示されるので、「“.xhtml”を使用」をクリックします。

ad3a74c23cf7ad245620b485b179b075

 

2章〜9章は先ほどのファイルを別名保存して章番号の数字だけ変更していきます。テキストエディットで「別名で保存」するには、optionキーを押しながらファイルメニューから「別名で保存」を選びます。

<2章の例>
<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″ standalone=”no”?>
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml”>
<head>
<title>Chapter2</title>
<link href=”css/ReflowEPUB_idstyles.css” rel=”stylesheet” type=”text/css” />
</head>
<body class=”chapter” xml:lang=”ja-JP”>
<div class=”chapter” id=”toc_marker-2″>
<img class=”chapter” src=”image/2.jpg” alt=”2章の扉ページ” />
</div>
</body>
</html>

390964b6ede861e8b1f9302b99ba6ef14

bodyに指定したclass名を覚えておきます。(例では、chapter)
divに指定したclass名を覚えておきます。(例では、chapter)
imgに指定したclass名を覚えておきます。(例では、chapter)

 

扉ページ用XHTMLファイルのためのopfファイルの編集

扉ページ用のChapter1.xhtml〜Chapter9.xhtmlファイルを追加したので、opfファイルを編集します。
content.opfファイルをテキストエディットかWebオーサリングソフトで開き、manifestタグ内に扉ページ用xhtmlの記述を追加します。

<item id=”Chapter1″ href=”Chapter1.xhtml” media-type=”application/xhtml+xml” />
<item id=”Chapter2″ href=”Chapter2.xhtml” media-type=”application/xhtml+xml” />
<item id=”Chapter3″ href=”Chapter3.xhtml” media-type=”application/xhtml+xml” />
<item id=”Chapter4″ href=”Chapter4.xhtml” media-type=”application/xhtml+xml” />
<item id=”Chapter5″ href=”Chapter5.xhtml” media-type=”application/xhtml+xml” />
<item id=”Chapter6″ href=”Chapter6.xhtml” media-type=”application/xhtml+xml” />
<item id=”Chapter7″ href=”Chapter7.xhtml” media-type=”application/xhtml+xml” />
<item id=”Chapter8″ href=”Chapter8.xhtml” media-type=”application/xhtml+xml” />
<item id=”Chapter9″ href=”Chapter9.xhtml” media-type=”application/xhtml+xml” />

8981bbc1076ea0c0a35561be911243ad

 

EPUBの表示順の変更

元のEPUBでは、「ReflowEPUB-1.xhtml」〜「ReflowEPUB-9.xhtml」の順番で表示されましたが、扉ページを設けたので下記の順番で表示させるように変更していきます。

  • カバーページ
  • 1章の扉ページ
  • 1章の本文ページ
  • 2章の扉ページ
  • 2章の本文ページ
  • 3章の扉ページ
  • 3章の本文ページ
  • 4章の扉ページ
  • 4章の本文ページ
  • 5章の扉ページ
  • 5章の本文ページ
  • 6章の扉ページ
  • 6章の本文ページ
  • 7章の扉ページ
  • 7章の本文ページ
  • 8章の扉ページ
  • 8章の本文ページ
  • 9章の扉ページ
  • 9章の本文ページ

content.opfファイルをテキストエディットかWebオーサリングソフトで開き、spineタグ内の記述を下記のように変更します。

<itemref idref=”CoverImage />
<itemref idref=Chapter1 />
<itemref idref=ReflowEPUB/>
<itemref idref=”Chapter2 />
<itemref idref=”ReflowEPUB-1 />
<itemref idref=”Chapter3″ />
<itemref idref=”ReflowEPUB-2 />
<itemref idref=”Chapter4″ />
<itemref idref=”ReflowEPUB-3 />
<itemref idref=”Chapter5 />
<itemref idref=”ReflowEPUB-4 />
<itemref idref=”Chapter6 />
<itemref idref=”ReflowEPUB-5 />
<itemref idref=”Chapter7″ />
<itemref idref=”ReflowEPUB-6 />
<itemref idref=”Chapter8 />
<itemref idref=ReflowEPUB-7 />
<itemref idref=Chapter9 />
<itemref idref=ReflowEPUB-8 />

4633d581dc296733b56633cd66671f11

本文ページの見出しの削除

扉ページに章タイトルを作成したので、本文ページの見出しは不要になります。本文ページのxhtmlファイルを開いて、h1タグを削除していきます。

FinderScreenSnapz001-1

 

本文用xhtmlファイルをテキストエディットかWebオーサリングソフトで開き、h1タグの行を削除します。

2f439d714cd89f2cc6c1e6633682bd9b

 

CSSファイルの編集

扉ページの表示をコントロールするためにCSSファイルを編集します。OEBPSフォルダ内のcssフォルダを開きます。

FinderScreenSnapz001-2

 

cssファイルをテキストエディットかWebオーサリングソフトで開きます。

FinderScreenSnapz002

 

本文ページのxhtmlファイル内のh1タグは先ほど削除したので、cssファイル内のh1も削除します。

4682d1657ba2c42e877b344319a5bc92

 

削除後のcssファイル

620347a82f77fde07bc82a0cfd5de36a

 

扉ページ用のcssを記述します。
扉ページのxhtmlファイルのbody.(class名)、div.(class名)、img.(class名)のcssを追加します

body.chapter {
margin:0; padding:0;
}
div.chapter {
width:100%;
}
img.chapter {
width:100%;
}

追記したら、保存しておきます。

c8c55642f652a4819ed5b371d13f7805

目次ファイルの編集

目次ファイルは本文用のxhtmlファイルのtoc_markerとリンクされているので、扉ページ用のbodyタグに記述した「id=”toc_marker-1」(1章用)〜「id=”toc_marker-9」(9章用)へとリンクを変更します。
扉ページ用xhtmlのid=”toc_marker-1″

21e241060e2b3b9542b5f569912a81aa

まずはEPUB2用の目次ファイル「toc.ncx」の記述を修正します。「toc.ncx」をテキストエディットまたはWebオーサリングソフトで開きます。修正前は本文用xhtmlファイルのtoc_markerとリンクされているのが確認できます。

0ba9aec198646b4d40c450dcc998c6ab

リンク先を扉ページ用xhtmlファイル(Chapter)のtoc_markerに変更します。

29e623f0871a2395c2a8ce454f917e3e

次にEPUB3用の目次ファイル「toc.xhtml」を修正します。先ほどと同様に元の目次は本文用のxhtmlファイルのtoc_markerにリンクされているので、扉ページ用のxhtmlファイルのtoc_markerにリンクを修正します。

修正前のtoc.xhtml

b2be0a744ddc1d8515a3ebaf89a8039f

修正後のtoc.xhtmlファイル

893cf7d740cceac200012e7235bfc2d6

目次をタップすることで章の扉ページにジャンプするようになります。

iBooksScreenSnapz0011

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top