Lecture Notes

【作品】自分で問題がないかチェックする!

課題制作は受験生が主体です。講師もできる限りチェックしますが、自分で制作したデータはきちんと自分でチェックして漏れがないか確認しましょう。

レイアウト
  • フレームの大きさや座標指定は半端な数字にならないように、最低でも1H(0.25mm)刻みでコントロールする
  • カラー指定は最低でも10%刻みで指定すること
  • テキストフレームのサイズは、横組の場合は1行であれば文字サイズがH寸法となり、複数行の設計の場合は行取りでサイズを設定すること。
  • K版PANTONE 1375 U以外のカラーが使用されていないこと
文字校正
  • 「課題制作の手引き」で指示された校正指示通りに直してあるか。
  • 全角英字を半角英字に統一
  • 和文内の約物(記号類)は全角
  • 不要な改行・スペース・タブなどの削除
  • 必要なスペース・タブの挿入
  • 下線指示の箇所は、文字パネルで下線を付け文字スタイルに登録
  • 校正指示以外の個別の修正は必ず指示書に記載するので、メモしておくこと
段落スタイル
  • レイアウト内の全ても文字・段落は「段落スタイル」が適用されていること
  • 段落スタイルに対して段落がオーバーライド(+)されていないこと
図版に関して
  • InDesign上で拡大縮小されていないこと(必ず100%で使用する)
  • 変倍(縦横比率が崩れる)されていないこと
  • 最小線幅0.1mm以下の線幅が設定されていないこと
  • 画像は使用サイズで必要な解像度(300ppi)になっていること
Pocket
LINEで送る

Return Top