DTP

【InDesign CC 2017】インタラクティブ機能(8)ページ内に動画を表示する

【InDesign CC 2017】インタラクティブ機能(8)ページ内に動画を表示する

ムービーファイルを表示させる

InDesignドキュメントには画像ファイルと同様にムービーファイルを配置することができます。動画表示はPublish Onlineだけでなく、EPUB(フィックスレイアウト)やインタラクティブPDFでも表示ができます。

使用できるファイル形式は、出力によって変わってきます。FLV / F4V、MP4などのH.264エンコード形式、QuickTime(.MOV)、AVI、MPEGなどのムービーファイルが配置できます。ただし、QuickTime、AVI、MPEGはSWFやFLAでの書き出しではサポートされません。

PDFでムービーを再生するには、Flash Playerがインストールされている必要があります。

InDesignにムービーファイルを配置する

あらかじめムービーファイルを使用するサイズで用意します。作例では1920×1080pxのMP4ファイルを用意しました。

InDesignのファイルメニューから「配置」を選びます。

ページ上をクリックするとInDesignにムービーファイルが原寸で配置されます。画面上では表示されません。

メディアパネルを開いきます。

メディアパネルのポスターから「現在のフレームから」を選びます。ポスターは再生される前に表示される画像のことで、「なし」になっているとドキュメント上では表示されません。「画像を選択」で別途用意した画像ファイルを指定することもできます。

これでメディアパネルで指定した動画位置がポスター画像として表示されます。

コントローラーの設定

メディアパネルのオプションにある「ページの読み込み時に再生」を選択すると、ページが表示されるとムービーが再生されます。タイミングパネルを併用すれば、ページ表示時からの遅延時間を指定できます。

メディアパネルの制御パネルのオプションはPublish OnlineやEPUB(フィックスレイアウト)ではどれを選択してもウィンドウ下部に小さいコントローラーが表示されるだけです。PDFの場合は、「なし」を選択しているとコントローラーは表示されず、制御パネルからコンントローラーを選択すればそのコントローラーが使用されます。ロールオーバー時にコントローラーを表示のオプションもPDFで再現されます。

Publish Onlineの場合の表示

EPUB(フィックスレイアウト)をiBooksで表示した場合

PDFをAcrobat Proで表示させた場合

ボタンのアクションの使用する方法

ムービーのコントローラー以外に、フレームをボタンとしてムービーをコントロールすることもできます。ボタンに使用するフレームを用意して、ボタントフォームパネルでボタンに変換したら、アクションの「+」をクリックして「ビデオ」を選びます。

ビデオのアクションの設定が表示されるので、オプションから「再生」「停止」「一時停止」「再開」「ナビゲーションポイントから再開」の目的のオプションを指定します。

 

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top