デザイン

【InDesign】基本中の基本「選択ツール」

選択ツール

InDesignの「選択ツール」は、基本Illustratorの選択ツールと機能も使い方もほぼ同じ。基本中の基本のツールですが、意外に使いこなせていない方が多いんですよね。

選択する

フレームの選択には、「クリック選択」と「マーキー選択」があります。クリック選択はshiftキーを併用しない限り1つのフレームしか選択できず、マーキー選択はドラッグしたマーキーに接触したフレームは全て選択されます。なお、クリック選択はフレームを動かしてしまう可能性があるので、絶対に動かしたくないフレームを選択する場合は極力マーキー選択した方が良いでしょう。

フレームやフレームがあるレイヤーがロックされていると選択ができませんが、環境設定>一般の「ロックされたオブジェクトの選択を防ぐ」がOFFの場合は移動ができないだけで選択することは可能になります。

indesign_ccscreensnapz001

重なったフレームの選択

複数重なったフレーム上をcommandキーを併用してクリックすることで、選択されるフレームの順番に選択が切り替わります。

01

グループ化されたフレームの選択

グループ化された中のフレームの選択や、フレーム内に入れ子になっているフレームもダブルクリックすることで選択することができます。

02

内容の選択

グラフィックフレームの場合、コンテンツグラバーをクリックするとダイレクト選択ツールに持ち替えなくてもフレーム内の画像(内容)を選択することができます。同様の操作は、選択ツールでグラフィックフレームをダブルクリックすることでも可能です。

03

選択ツールのショートカット

選択ツールへのショートカットは「v」で、文字列に挿入カーソルがある場合は「esc」キーで選択ツールとなります。また、どのツールを使っていてもcommandキーを押している間は、直前に使用していた「選択ツール」または「ダイレクト選択ツール」になります。

08

複数選択

フレームをクリック選択するか、ドラッグしてマーキー選択することができます。shiftキーを併用することで、選択されていなかったフレームは複数選択され、選択済みのフレームは選択が解除されます。

04

05

移動と複製

選択されたフレームは選択ツールでドラッグすることで移動することが可能で、optionキーを併用すると複製され、shiftキーを併用することで45°の方向規制がされた状態で移動します。

06

数値指定で移動(複製)したい場合は、選択ツールでフレームを選択している状態で、選択ツールをダブルクリックすると「移動」(オブジェクトメニュー>変形>移動)のダイアログを表示することができます。

07

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top