デザイン

ブックカバーを作りました

ブックカバーを作りました

次回の製本ワークショップは、「無線綴じ+スクリーン印刷」

来月に製本ワークショップがあるのですが、前回は「仮フランス装」をやったので今度は何をやろうかと。

前回はポートフォリオセミナー内での製本コーナーということでしたが、今回は純粋に製本ワークショップにしてもらいました。
あまり難しい説明をしたり、難易度の高いことをやるよりは、まずは作る事を楽しんでもらうのが近道かと思いまして、モノ作りを経験してもらいます。

まだ確定ではないのですが、製本は手製本の基本「無線綴じ製本」にしようと思います。無線綴じならワークショップの時間に余裕が持てそうなので、プラスアルファで何かやれるのではと思いました。そこで私がブックカバーを用意しておいて、スクリーン印刷や布用のマーカーなどで自由にデザインしてもらう時間を作ろうと思います。
スクリーン版は簡単な図形を用意しておいて、選んだインキをスキージで刷ってもらい、プラスアルファで布用のマーカーやクレヨンで自由に描いてもらおうと考えてます。

 

ブックカバーを作らねば…。

そのためにはブックカバーを作らないとなのですが、果たして私に作れるのでしょうか?

できるだけシンプルで簡単な作り方にしました。自信ないので少しずつステップアップしていきます。

ミシンと糸はあるので、新宿Okadayaで帆布を買ってきました。

設計というほどではないですが、使う布の寸法はW487mm×H234mm
布は帆布11号で、針16号、糸#30を使います。

ss 2015-05-20 23.30.12

手順

  1. ①のラインで布を表側に折り、アイロンを掛けて折り目を付けたら縫います。
  2. ②のラインで布を裏側に折り、アイロンを掛けて折り目を付けたら縫います。
  3. 袋状になった布をひっくり返します。
  4. ③の部分を布用のアイロン接着テープで留めます。

 

布の断裁

まずは台紙を作って布を切ります。家にあった鋏が切れなくなってたので、鉄製の裁ち鋏を購入しました。

001

 

位置決めとアイロン掛け

両端を10mmほど折って、アイロンを掛けます。

003

 

表紙のサイズの台紙をガイドにして袖の位置を決め、アイロンを掛けておきます。

005

 

ミシン掛け

両側の10mmを折り返した箇所にミシン掛けする。

006

008

 

袖の上下にあたる箇所もミシン掛けをします。台紙をガイドにして縫う位置を決めました。

009

 

縫い上がりました。

010

 

接着テープで天地を留める

袋状になっているので、ひっくり返します。

011

 

全体的に折り目にアイロンを掛け、天地の縫っていない箇所をアイロン接着テープで接着します。

012

013

 

ブックカバー完成!

これで完成しました。
もっときちんと作る方法もありましたが、今回は製本セミナーに使うためなのでこれで良しとします。

015

 

ミシン縫いの技術がないので、きちんと収まるか心配でしたが大丈夫なようです。布が厚いので、表紙の用紙も厚めのものを使った方が良さそうです。背幅を6〜7mmに納める予定なので、表紙の紙厚と本文のページ数で調整しようと思います。

016

018

019

 

製本ワークショップは定員8名でおこないますが、即日満席になったので翌週にもう1回増設することになりました。
ということは、ブックカバーを最低でも16枚を作らないと…。

 

Pocket
LINEで送る

URL
TBURL

返信

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top